このページの本文へ

BDZ-S77

BDZ-S77

2003年09月09日 00時00分更新

文● 今澤 傘之輔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

BDZ-S77

ソニー

45万円

先陣を切ったのは
やはりBlu-ray Disc

 2003年12月1日に、東京・名古屋・大阪圏では地上デジタル放送が始まる予定だ。BSデジタル放送はすでに放送が始まっている。ともにHDTV放送が可能な画質の高さと双方向性を備えたものとして期待されており、2011年には地上波アナログ放送が終了し、地上波・BSともにデジタル放送へと移行することになっている。高画質化し、情報量の増えた放送データを記録するには、VHSや記録型DVDなどの従来型記録媒体では容量不足だ。

AOD(Advanced Optical Disc、えーおーでぃー)
東芝とNECが発表し、DVDフォーラムで承認された次世代DVD規格「AOD(Advanced Optical Disc、えーおーでぃー)」。イラストをクリックすると当該記事に移動します。

 そこで登場したのが、次世代の大容量光ディスクである。次世代光ディスクにはソニー・松下電器産業などが規格化した「Blu-ray Disc」(以下BD)規格と、東芝・NEC連合がDVDフォーラムに規格化を提案中の「AOD」(Advanced Optical Disc)規格とがある。両者ともに青紫色レーザーを記録に用いる光ディスク規格で、1枚のディスクにHDTV放送を2時間録画できる容量(BDで23GB、AODは27GB)を持つものだが、両規格間に互換性はない。



イジェクトボタンはタッチセンス式
写真1 イジェクトボタンを押すと前面ドアがスライドし、ディスクトレイが出てくる。本体側で操作するために前面ドアだけをスライドさせることも可能だ。イジェクトボタンはタッチセンス式なので、軽く触れるだけでOK。

 「BDZ-S77」は、そのBDドライブを搭載した、世界初の次世代光ディスクレコーダだ。基本的には、最近流行しているDVDレコーダの記録型DVDドライブをBDドライブに置き換えたものである(ただしHDDは内蔵しない)。もう1つの目玉は、地上波アナログチューナと併せてBSデジタルチューナを搭載しており、高画質のBSデジタル放送をそのままBDに記録できる点である。先述のように、BSデジタル放送の録画時間はディスク1枚あたり約2時間(1080i/720p、転送レート最大24Mbpsの場合)。アナログ放送をBDに記録することもできる。この場合の記録時間はHRモード(記録時転送レート16Mbps)で約3時間、SRモード(同8Mbps)で約6時間、LRモードでは約12時間(同4Mbps)の連続録画が可能となる。

高級感のあるボディ
チューナの品質は文句なし

付属のリモコンと本体天面のヘアライン処理
写真2 付属のリモコンにはスライド部が2カ所あり、ボタンの数も非常に多い。2カ所のスライド部を開けると全長が35cmにもなるが、その操作感は抜群だ。特にTVのチャネルや音量を操作するボタンが側面に配置されている点が秀逸。

 本体はシルバーのヘアライン仕上げとなっており、ハイエンドAV機器の貫禄が漂う。録画可能なディスクはBlu-ray Discのみ。同社からは記録用ディスク「BF23G」が3500円で発売される。

 地上波・BSともに映像の品質はいい。分配機を通して少々減衰したアンテナ信号からも、十分に綺麗な画像が得られた。ただし地上デジタルチューナは外部接続となる。おそらく本体背面のi.LINK端子に接続するものと思われるが、詳細はまだ不明だ。現在このi.LINK端子は“BD専用”とされており、「ソニー製のBDレコーダのみとLINKすることができます」と注意書きがある。また、本体正面のDV端子はソニー製のDV製品(DCR-VX700、DCR-VX1000、DHR-1000を除く)でのみ接続動作を確認しているとのこと。同社製ハンディカムDCR-IP220K/IP55/IP7など、MICROMV方式のデジタルビデオカメラとは接続できない仕様である。45万円という価格が高いか安いかは、このあたりを考慮した上で判断することになるだろう。

本体背面のAV端子
写真3 本体背面のAV端子。
BDZ-S77の主なスペック
製品名 BDZ-S77
チューナ 地上波アナログVHF1~12ch/UHF13~62ch、CATV C13~C38ch、BSデジタルTV/BSラジオ/BS独立データch
映像入力 2系統(各系統にRCAピン/S端子あり)
映像出力 2系統(各系統にRCAピン/S端子あり)
コンポーネント出力 D1/D2/D4(ボタンにより切り替え)
音声入力/音声出力 2系統(RCAピン)/3系統(RCAピン)
デジタル音声出力 光/同軸各1系統
i.LINK/DV入出力 2系統(本体背面)/1系統(本体前面)
サイズ(W×D×H) 430×398×135mm
重量 約14kg

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン