このページの本文へ

韓国MMGEAR製ヘッドホンがパワーアップ!スピーカー6個搭載5.1チャンネル対応モデルが近々発売!

2003年09月06日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
5.1チャンネル対応 MMGEAR製
6個のスピーカーを内蔵した5.1チャンネル対応モデルあのMMGEAR製ヘッドホンの新モデルだ

 昨年の発売以降、今現在も売れ続け超ロオングセラー製品となった韓国MMGEAR製の4チャンネル対応ヘッドホン「MCH-MMS100-B」に近々、新製品が加わるようだ。今度はなんと片方に3つずつ、計6個のスピーカーを内蔵し5.1チャンネルに対応するという。



3つのスピーカー 4チャンネル対応
前方からフロント/センター/リアと並んでいるロオングセラーとなった4チャンネル対応「MCH-MMS100-B」
3本のケーブル ヒット
フロント/センター/リア用の3本のケーブル「MCH-MMS100-B」は今現在も売れ続けている

 現在展示とデモをおこなっているOVERTOPによると、この製品はMMGEAR社の国内正規代理店であるダイナコネクティブから提供されたサンプル品ということだ。製品本体は一見普通のヘッドホンに見えるが、片側に3つのスピーカーが内蔵され、前方からフロント/センター/リアと並んでいるようだ。
 はじめに触れた、同社の4チャンネル対応ヘッドホン「MCH-MMS100-B」ではあくまで5.1チャンネルに近い音質というレベルだった。また、ゴムバンドで耳に引っ掛けるように使用しなくてはならないため、長時間のゲームなどではやはり耳が痛くなるという欠点もあった。OVERTOPではこちらもデモ中なので、実際に比較して使用してみれば、音質や使用感の違いが実感できるだろう。



インターフェイスユニット 音量調節
USB接続のインターフェイスユニットが付属インターフェイスユニットでは音量調節ができる

 使い方は単純で、フロント/センター/リア用の3本のケーブルをPC側のサウンド出力ポートに接続するだけ。展示中の製品には、USB接続のインターフェイスユニットが付属するほか、発売時には「デコーダーやアンプとセットのモデルも出るかもしれない」ということだ。単体価格は約8000~9000円程度の予定。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ