このページの本文へ

ロジテック、DVD+Rの8倍速書き込みに対応したUSB 2.0外付DVD±R/RWドライブ『LDR-X840U2』を発売

2003年09月04日 23時28分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジテック(株)は4日、DVD+Rの8倍速書き込みに対応したUSB 2.0接続の外付型DVD±R/RWドライブ『LDR-X840U2』を9月下旬に発売すると発表した。価格は3万8500円。

『LDR-X840U2』
『LDR-X840U2』

『LDR-X840U2』は、USB 2.0 High-Speedに対応した外付け型のDVD±R/RWドライブ。プレクスター(株)製のドライブユニットを採用しており、高速記録対応メディアを利用すれば、DVD+Rの8倍速書き込み、DVD-Rの4倍速書き込み、DVD+RWの4倍速書き換え、DVD-RWの2倍速書き換えが行なえるのが特徴。CD-Rは40倍速書き込み、CD-RWは24倍速書き換えに対応。読み出し速度は、DVD-ROMが12倍速、CD-ROMが40倍速となっている(USB 1.1ではCDメディアの書き込み/読み出しともに最大8倍速)。リアルタイムでCAV書き込みの調整/監視を行ない記録速度を最適化する“PoweRec”機能や、書き込み時のレーザー出力を調節して書き込み再生互換性を高める“VariRec”機能(CD-Rのみ)を搭載し、ディスクトレイには、ピックアップのビーム光の乱反射を抑える“ブラックトレイ”を採用する。ファンレスにすることで静音化を図ったほか、市販のDVDビデオ再生時に自動的にメディアの回転数を2倍速まで落として騒音を抑える“静音モード”を搭載する(機能をキャンセルする“高速モード”も設定可能)。

アプリケーションとして、インタービデオジャパン(株)のDVDビデオダビングソフト『DVD Copy Platinum』(Windows XP/2000 Professionalのみに対応)、(株)ビー・エイチ・エーのDVD/CDライティングソフト『B's Recorder GOLD BASIC Ver.7』、パケットライトソフト『B's CLiP5 for Windows』、バックアップソフト『B's ラク~だ!バックアップ』、DVDビデオ作成ソフト『B's neoDVD』、サイバーリンク(株)のDVDプレーヤーソフト『PowerDVD 5(OEM版)』が付属する。

本体サイズは、幅150×奥行き243×高さ44mm、重量は1.4kg。電源はAC100Vで、ACアダプターを利用する。消費電力は18W。ACアダプターのコネクターが不用意に外れないようにする“ミニクランプ”が付属する。対応機種は、Celeron-300MHz以上のCPUを搭載し、USB 2.0 High-Speed対応ポートを搭載しているか、USB 2.0 High-Speed対応インターフェースカードを増設しているPC/AT互換機、PC98-NX。対応OSはWindows 98 SE/Me/2000 Professional/XP。長さ1mのUSBケーブル(USB 2.0 High-Speed対応)が付属する。

併せて、ATAPI内蔵型の『LDR-X840AK』も発売する。価格は3万5000円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン