このページの本文へ

NTTドコモ、FOMAのサービスエリアを拡大――関東甲信越の人口カバー率が約99%に

2003年09月03日 17時36分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは3日、FOMAのサービスエリアを6日に拡大すると発表した。これにより9月末までに関東甲信越で人口カバー率が約99%になるとしており、FOMAサービスエリアを順次拡大しているNTTドコモグループ8社と合わせて、9月末までに全国の人口カバー率が約96%になるとしている。

6日にサービスの提供を開始するエリアは、東京都の奥多摩町/新島村/八丈町、神奈川県の相模湖町、千葉県の山田町/芝山町/富浦町/千倉町/丸山町/和田町など、1都9県の57町村。

同時に、現在FOMAサービスを提供しているエリアにおいて、屋内基地局(IMCS)によるエリアの拡充を図る。東京駅名店街、東京駅(JR総武横須賀線/JR埼京線)、横浜国際競技場、ホテルオークラ/ホテルセンチュリーハイアット/赤坂プリンスホテル/新浦安オリエンタルホテルなど、46ヵ所でサービスを開始するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン