このページの本文へ

KDDI、SOHO向け出張設定サービスを“DION”で提供

2003年09月01日 21時10分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KDDI(株)は1日、インターネット総合サービス“DION”において、SOHO向けのADSL/光ファイバー接続サービスの出張設定支援サービスを開始すると発表した。これは、(株)メルコ、横河キューアンドエー(株)と提携して提供するサービス。同社はこれまで法人向けに出張設定支援サービス“かけつけ設定サポート”を提供してきたが、同様のサービスの要望がSOHOでも多いことから、SOHO向けにも設定支援サービスを開始するもの。同日付けで受け付けを開始する。

対象となるサービスは、DION IP電話&ADSLの各コース、DION ADSLの各コース、DION「フレッツ・ADSL」コース、DION 光ファイバー「TEPCOひかり」コース、DION 光ファイバー「Bフレッツ」コース。

メルコが提供する“SOHO向 ブロードバンドおまかせサービス”は、パソコン/プリンター/無線アクセスポイントなどハードウェア5点までとソフトウェアの設定を含む“無線LANパック出張設定基本料金”が1件3万円。追加オプションとして、事前訪問サービス(1時間6000円)、ハードウェアの追加設定(1点5000円)、Windows XPのインストール(1本1万2000円)、ケーブル配線工事(1mあたり1500円)、保守サービス(基本保守料1万2000円)などを用意するほか、メルコ製品の販売も行なう。

横河Q&Aが提供する“SOHO向け訪問設定支援サービス”は、“訪問設定支援サービス”の“LAN構築パック”が、パソコン1台で1万6000円、3台で3万円、5台で4万5600円、追加1台あたり8000円。無線オプションは1台あたり5000円。“訪問工事支援サービス”は、同一建物内で20mまでのLANケーブルを敷設する工事1線ぶん(ケーブル含む)が3万円。追加設定は1線あたり2万5000円。現地での事前調査が必要な場合は、訪問設定支援サービス/訪問工事支援サービスともに1件あたり1万円が必要となる。

申し込みはKDDI、メルコ、横河Q&Aのホームページでも行なえる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン