このページの本文へ

サンディスク、高速タイプのCF『SanDisk Ultra II CF』とSDカード『SanDisk Ultra II SDカード』を発表――400万画素以上のデジタルカメラ向け

2003年08月29日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サンディスク(株)は29日、米サンディスク(SanDisk)社がドイツ時間の28日付けで、データ転送速度などを高速化したコンパクトフラッシュ(CF)カード『SanDisk Ultra II コンパクトフラッシュ』と、SDメモリーカード『SanDisk Ultra II SDカード』を発表したことを発表した。『SanDisk Ultra II CF』は、容量が256MB/512MBタイプの出荷を8月中に開始し、近日中に全世界で店頭販売を開始する。1GBタイプの出荷は9月に開始する予定。価格はオープン。編集部による予想販売価格は、256MBタイプが1万3000円前後、512MBタイプが2万6000円前後、1GBタイプが5万1000円前後。

『SanDisk Ultra II SDカード』については、256MBと512MBのタイプの出荷を10月から11月にかけて開始する予定で、日本での販売は未定。米国での予想販売価格は、256MBタイプが130ドル前後(1万5500円前後)、512MBタイプが290ドル前後(3万5000円前後)。

『SanDisk Ultra II コンパクトフラッシュ』 『SanDisk Ultra II SDカード』
『SanDisk Ultra II コンパクトフラッシュ』(1GBタイプ)『SanDisk Ultra II SDカード』(512MBタイプ)
“SanDisk Ultra II”シリーズ

“SanDisk Ultra II”シリーズは、400万画素以上のデジタルカメラ向けの製品。32bitのARMプロセッサーコアと0.13μmプロセスのNAND型フラッシュメモリーを搭載しており、『SanDisk Ultra II コンパクトフラッシュ』は、従来製品『SanDisk Ultra CF』に比べて、データ転送を約50%高速化し、書き込み速度が毎秒9MB以上、読み出し速度が毎秒10MB以上となっているのが特徴。同社では現在発売されているCFでは最高水準のデータ転送速度であるとしている。本体サイズは幅42.8×奥行き36.4×高さ3.3mm、重量は約12.0g。『SanDisk Ultra II SDカード』は、書き込み/読み出し速度がCFと同じSDメモリーカード。本体サイズは幅24.0×奥行き32.0×高さ2.1mm、重量は約1.5g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン