このページの本文へ

FSB400対応でMicro ATXのAthlonマザーがLeadtekから

2003年08月27日 23時38分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Micro ATX
「WinFast K7NCR18DLM」

 Leadtekから“nForce2 400”搭載のMicro ATX対応マザーボード「WinFast K7NCR18DLM」が登場した。Dual Channel DDRをサポートしない同チップセットだが、最新のFSB400に対応しているのが特徴だ。



DDR DIMMスロット パッケージ
Single ChannelのみのサポートとなるがPC3200(DDR400)まで対応FSB400対応のMicro ATXマザーはまれだ

 Micro ATX対応の“nForce2”搭載製品といえば、通常VGA機能を内蔵した“nForce2 IGP”を採用しているものが主流だ。しかしこれらの製品は当然FSB333までしか対応しておらず、今回のようにFSB400対応のMicro ATXマザーは希だ。
 3本用意されているDDR DIMMスロットは、Single ChannelのみのサポートとなるがPC3200(DDR400)まで対応。そのほか拡張スロットはAGP×1、PCI×3という構成だ。オンボードインターフェイスには、サウンドのほか10/100Baseイーサネット機能程度とシンプルな仕上がりだが、価格が8950円と安いので無理はいえない。販売しているのは、スーパーコムサテライトとなっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ