このページの本文へ

ThinkPad G40 2388-4KJ

ThinkPad G40 2388-4KJ

2003年08月28日 00時00分更新

文● 鈴木 雅暢

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ThinkPad G40 2388-4KJ

日本アイ・ビー・エム

オープンプライス(IBMダイレクト価格:21万9000円)

ThinkPad G40 2388-4KJ
ThinkPad G40 2388-4KJ

 日本アイ・ビー・エムのノートPCブランド「ThinkPad」に新たに加わった「ThinkPad G40」(IBMダイレクト価格は12万9000円~27万9000円)は、B4サイズをも超えるフットプリントを持ち、重量も3.7kgと、まさにヘビー級といえる大型のノートPCだ。開発コンセプトは「オールインワン・デスクノート」。デスクトップPCの代替として、オフィスのデスクに据え置きで使うことを前提に設計されている。Windows XP Professional搭載モデルは5モデル(下位3モデルはOffice XP Personalモデルも用意)で、ここでは上から2番目に位置する「2388-4KJ」をとりあげる。

キーに触れれば
その良さはすぐ分かる

左側面
写真1 USB 2.0ポートは左側面の2基に加えて、背面にも2基装備する。キーボードを打ちやすくするために、ボディには大胆な傾斜がつけられている。無線LAN(IEEE802.11b)のアンテナは液晶パネル部の両側面に配置されている。

 フォームファクターの大胆な大型化は、デスクトップPC用のPentium 4の内蔵を前提にした熱設計によるもので、本機はPentium 4-2.8GHz(FSB400MHz)を搭載しており、最上位モデルの「2388-5EJ」では3GHzのPentium 4(FSB400MHz)の搭載も実現した。当然ながら拡張版SpeedStepなど省電力機能は搭載しないが、そのぶん高クロックのCPUが搭載でき、コストパフォーマンスにも優れる。

 その他の仕様は、ビジネス向けに特化したもので、ビデオ機能にはチップセットのIntel 852GMが内蔵するコアを利用している。3D性能に関しては多くを望めず、右側面に内蔵する光ディスクドライブも単機能のCD-ROMドライブだ。インターフェイスもビジネス色が強い構成で、IEEE1394やTV出力端子などは用意しないが、PCカードスロットは2基、USB 2.0ポートは4基備える。また、バッテリはリチウムイオンよりもエネルギー密度の低いニッケル水素で、駆動時間は公称値でも1時間。常時ACアダプタを接続しての使用が前提だ。

コンフォートスラント・キーボード
写真2 「コンフォートスラント・キーボード」と呼ばれる斜めに取り付けられたキーボードは、下の構造や固定も非常にしっかりしており、ThinkPadシリーズのなかでもナンバーワンといえる秀逸な打鍵感を誇る。キーボード奥にはファンの吸気口があるが、回転音は低く抑えられている。

 特筆したいのは入力環境だ。ボディは大柄ながら、石のように硬いパームレストをはじめ、カッチリと組まれており、すばらしい安定感をもつ。「コンフォートスラントキーボード」と呼ばれるように、キーボードベゼル面にはタイプしやすいよう大胆な傾斜が付けられているが、キーボードユニット自体の強度、そしてボディへの固定も非常にしっかりしているため、タイプ感は現行のThinkPadシリーズ中でもナンバーワンといえるほどの快適さである。

 今年から導入された2種類の新型キャップを加えた合計3種類のキャップが付属するTrackPointの操作性も変わらず優秀だ。キーボード奥には放熱用の大きなファンを搭載しているが、高い負荷をかけた状態でも騒音は低く抑えられ、パームレストやキートップに不快な熱が伝わってくることもない。

背面
写真3 背面。ACアダプタの最大出力は120W(16V/7.5A)と高く、接続端子も他のThinkPadと異なるものが使われている。中央部にはスウィングピボットという半球状の突起が設けられており、手前側を少し持ち上げるだけで向きが変えられるようになっている。

 高速なCPUを搭載するためにボディを単に巨大化しただけでなく、使用時の騒音レベルにも配慮しつつ、さらに大型のフォームファクターを活かしたきわめて快適な入力環境を実現している。ビジネス向けデスクトップリプレースメントとしては、文句のつけようのない仕上がりだ。それだけにターゲットが限定されている点は残念に感じる。日本においては、ノートPCをデスクトップリプレースメントとして使う流れは個人向けでもむしろ主流ともいえるだけに、今後は個人でも導入しやすい仕様を備えたモデルの登場を望みたい。

ThinkPad G40 2388-4KJの主なスペック
製品名 ThinkPad G40 2388-4KJ
CPU Pentium 4-2.80GHz
チップセット Intel 852GM
メモリ(最大) DDR SDRAM(PC2100) 256MB(最大1GB)
液晶/解像度 15型/1024×768ドット
グラフィックス チップセット内蔵(最大64MB)
HDD 40GB
FDD 内蔵
光メディアドライブ CD-RW&DVD-ROMコンボドライブ(CD-R24倍速、CD-RW10倍速、CD24倍速、DVD8倍速)
スロット PCカードTypeIII/II/I×1
通信 10/100BASE-TX、56kbpsモデム、無線LAN(IEEE 802.11b)
I/O USB 2.0×4、パラレル、外部ディスプレイ端末、PS/2、など
バッテリ駆動 1時間(JEITA1.0)
サイズ(W×D×H) 329×283×37~51mm
重量 3.8kg
OS Windows XP Professional

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン