このページの本文へ

デルコンピュータ、導入支援サービスを含むクラスタリングパッケージ”PowerEdge SE”を発売

2003年08月26日 18時54分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は25日、サーバーとストレージ、基本支援サービスを組み合わせたクラスタリングパッケージ“PowerEdge(パワーエッジ) SE”として、SCSIストレージを採用した小/中規模システム向けの『PowerEdge SE-500』と、Fibre Channelストレージを採用した大容量システム向けの『PowerEdge FE-400』の2製品を発表した。同日付けで受注を開始する。

『PowerEdge SE-500』は、2台のPowerEdgeサーバー(PowerEdge 1750/2650/6650から選択)と、最大14台のHDDを搭載できるSCSIストレージの『PowerVault(パワーボールト) 220』を利用するパッケージ。OSには、Windows Server 2003, Enterprise EditionやWindows 2000 Advanced Serverなどを選択できる。導入支援サービスには、導入前の事前コンサルティング、導入作業(ハードウェアの設置、各種設定、ソフトウェアのインストールなど)、クラスターサービスの設定、システムテストが標準で含まれる。価格は約270万円から。

『PowerEdge FE-400』は、2台のPowerEdgeサーバーとFibre Channelストレージ“Dell│EMC”を利用するパッケージで、OSにWindows Server 2003, Enterprise Editionを利用できる。

同社は併せて、エンタープライズソリューションのウェブサイト“Dell Scalable Enterprise Computing”を開設したことも発表した。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン