このページの本文へ

東芝、デジタルマンガサイトでSDカードを利用したデジタル著作権保護システムの実証運用を開始

2003年08月26日 18時10分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は26日、デジタルマンガサイト“まんがたうん”が10月より実施するデジタルマンガの有料配信サービスにおいて、同社が開発したSD(セキュアデジタル)カードを利用したデジタル著作権保護(DRM:Digital Rights Management)システムの実証運用を行なうと発表した。

同社のDRMシステムは、暗号化コンテンツを開くための“コンテンツ鍵”そのものを、SDカードの固有ID(認証番号)と著作権保護機能により暗号化するのが特徴。コンテンツホルダーは“コンテンツ鍵”を管理することで、デジタルコンテンツの流通を確保しながら、著作権管理と課金管理を行なえるという。

今回の実証運用において同社は、インターネットデータセンター(IDC)に設置したサーバーを利用し、“コンテンツ鍵”の作成とユーザーへの配信、管理を行なう。2004年春まで実証運用を継続し、マンガをはじめとするデジタルコンテンツの配信を希望する事業者向けにDRMシステムの商品化を進める予定という。

“まんがたうん”では、同サイトのユーザーを対象に2000人規模のモニター募集を9月1日に開始する。モニターには“コンテンツ鍵”を記録するためのSDカードと、パソコンに接続するためのSDカードリーダー、コンテンツ閲覧用セキュアプレーヤーが無料で提供される。

モニターは、10月以降より“まんがたうん”内の暗号化済みデジタルマンガをダウンロードし、代金をネット上で支払い“コンテンツ鍵”を入手することでマンガを読むことが可能となる。“コンテンツ鍵”の入ったSDカードを所持していれば、コンテンツそのものを自宅のパソコンからモバイル用パソコンなどにコピーして楽しめるという。“まんがたうん”では、10月から2004年3月末までに、プロ/アマを問わず、全100タイトルのデジタルマンガを提供するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン