このページの本文へ

NEC、IEEE 802.11b無線ブロードバンドルーター『AtermWB7000H2』と子機のセット2製品を発売

2003年08月26日 17時27分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本電気(株)とエヌイーシーアクセステクニカ(株)は26日、“IEEE 802.11b”準拠のワイヤレスブロードバンドルーター『AtermWB7000H2』にPCカード型の子機『AtermWL11C2』をセットにした『AtermWB7000HワイヤレスLANセット2(11bカードタイプ)』(PA-WB7000/BC2)と、『AtermWB7000H2』にEthernet接続型子機『AtermWL11E2』をセットにした『AtermWB7000HワイヤレスLANセット2(ETHERNETタイプ)』(PA-WB7000/BE2)の2製品の販売を同日付けで開始すると発表した。価格はオープン。出荷開始は8月末の予定。

『AtermWB7000HワイヤレスLANセット2(11bカードタイプ)』 『AtermWB7000HワイヤレスLANセット2(ETHERNETタイプ)』
『AtermWB7000HワイヤレスLANセット2(11bカードタイプ)』『AtermWB7000HワイヤレスLANセット2(ETHERNETタイプ)』

『AtermWB7000HワイヤレスLANセット2(11bカードタイプ)』と『AtermWB7000HワイヤレスLANセット2(ETHERNETタイプ)』は、それぞれ2002年10月に発表した『AtermWB7000HワイヤレスLANセット(11bカードタイプ)』と『AtermWB7000HワイヤレスLANセット(ETHERNETタイプ)』の後継機種。

『AtermWB7000H2』は、従来機種と比べ、実効スループットが、ローカルルーター接続で約70Mbpsから約90Mbpsに、PPPoE接続で約80Mbps(従来は非公開)に高速化されたほか、最大3セッションのPPPoEマルチセッションに対応したのが特徴。初心者の設定をサポートする初期導入ユーティリティーとして“音声ガイドつき”らくらくウィザードも付属する。無線LAN機能は、128bit/64bit WEPの暗号化や、MACアドレスフィルタリングのほか、ネットワーク名が不明な場合に子機からの無線検索に応答しない“ESS-IDステルス機能”も搭載する。ルーター機能は、LAN側のPPPoEフレームをWAN側に透過させるPPPoEブリッジ機能や、VPN(PPTP、IPsec)パススルー機能もサポートしており、UPnPにも対応する。インターフェースは、WAN側が10/100BASE-TX×1、LAN側が10/100BASE-TX×4で、Auto MDI/MDI-Xに対応し、ストアー&フォワード方式のスイッチングHub機能を搭載する(MACアドレス登録数は1024)。電源はAC100Vで、消費電力は最大8W。本体サイズは幅25×奥行き157×高さ215mm、重量は600g。

『AtermWB7000HワイヤレスLANセット2(11bカードタイプ)』に含まれる『AtermWL11C2』は、IEEE802.11bに準拠したPCカード(Type II)型の無線LANカード。ダイバーシティーアンテナを内蔵する。対応機種はPC/AT互換機、PC98-NX。対応OSは、Windows XP/Me/2000 Professional/98 SE。電源はパソコンから供給を受け、消費電力は最大約1.5W。カードサイズは幅54×奥行き119×高さ8mm(突起部を除く)、重量は60g。

『AtermWB7000HワイヤレスLANセット2(ETHERNETタイプ)』に含まれる『AtermWL11E2』は、IEEE802.11bに準拠したEthernet接続の子機で、Ethernetインターフェースとして10/100BASE-TX×2ポートを装備するのが特徴。セキュリティー機能は128bit/64bit WEP、ESS IDをサポートする。通信モードはアドホック/インフラストラクチャーに対応。電源はACアダプターを利用し、消費電力は最大約6W。本体サイズは幅25×奥行き106×高さ80mm(突起部を除く)、重量は130g。ダイポールアンテナを搭載し、壁掛けも可能となっている。

両社はまた、ブロードバンドルーター“Aterm”シリーズで、(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモの法人向けリモートアクセスサービス“XWare”に対応するためのソフトウェアを提供することを発表した。これは、NECがNTTドコモからソフトウェアのライセンス許諾を受けて開発するもの。同ソフトにより専用機器を導入しなくてすむため、導入コストを低くできるという。対応する製品は、『AtermWB7000H』『AtermWB7000H2』『AtermBR1500H』の3機種。ホームページからバージョンアップにより提供する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン