このページの本文へ

“GeForce FX 5900”の廉価モデル?“GeForce FX 5900 LX”搭載のビデオカードがLeadtekから!

2003年08月22日 22時48分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
LX Version
「WinFast A350 TDH LX Version」

 “GeForce FX 5900”の廉価モデルとも言うべき“GeForce FX 5900 LX”というGPUを搭載したビデオカード「WinFast A350 TDH LX Version」がLeadtekから発売された。パッケージや基板にも“LX Version”と書かれたシールが貼られている。



シール VIVOなし
“LX Version”と書かれたシールが貼られているお馴染みの冷却機構「WinFast Twin Turbo II」を採用した1スロットタイプ

 現在、Leadtekのサイトには「WinFast A350 TDH LX Version」の情報は記載されておらず、またNVIDIAのサイトにも“GeForce FX 5900 LX”というGPUの情報はないため詳細は不明だ。ただし入荷ショップのひとつであるアークによると「代理店からの情報では、コアクロックは変わらずにメモリクロックが700MHz、搭載メモリは2.2nsから2.8nsタイプに変更された製品」ということ。本来の“GeForce FX 5900”のコアクロックは400MHz、メモリクロックは850MHzなので若干メモリクロックを落とした製品ということのようだ。



パッケージ
廉価モデルとも言うべき“GeForce FX 5900 LX”というチップを搭載

 カード本体の見た目は、Leadtekお馴染みの冷却機構「WinFast Twin Turbo II」を採用した1スロットタイプ。搭載メモリはDDR128MBでインターフェイスはD-Sub15ピン、DVI-I、ビデオ出力となり“MyVIVO(ビデオ入力)”には対応していない。価格はアークで3万9800円、コムサテライト3号店で4万980円と“GeForce FX 5900”搭載の「WinFast A350 TDH」より約3000円程度安くなっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ