このページの本文へ

ライフボート、ウイルス/迷惑メール対策ツール『インターネット ウイルス プロテクターV4』のダウンロード販売を開始

2003年08月22日 19時42分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ライフボートは22日、韓国ハウリ社が開発したウイルス/迷惑メール対策ツール『インターネット ウイルス プロテクターV4』の機能限定版である『インターネット ウイルス プロテクターV4(DL版)』のダウンロード販売、および無料試用版のダウンロードサービスを開始したと発表した。

『インターネット ウイルス プロテクターV4(DL版)』は、ウイルスの検出と駆除を行なうアンチウイルス機能と、迷惑メール(スパムメール)のフィルタリング機能を搭載したソフト。パターンファイルのアップデート期間は2年間。なお、パッケージ版である『インターネット ウイルス プロテクターV4』に搭載されているシステムバックアップ機能は含まれていない。

対応OSはWindows 98/Me/2000/XP。価格は、『インターネット ウイルス プロテクターV4(DL版) シングルライセンス』が2800円、『インターネット ウイルス プロテクターV4(DL版) 2ライセンス』が3800円、同一世帯の計4台までのパソコンにインストールできる『インターネット ウイルス プロテクターV4(DL版) 家族割引パック』が5800円。

無料試用版である『インターネット ウイルス プロテクターV4(試用版)』は、『インターネット ウイルス プロテクターV4(DL版)』と同じ機能をインストールから30日間限定で利用できる。期間満了後は、有償(2940円)でアップデート期間を2年間更新することが可能。

ダウンロード販売は、メガソフト(株)の直販サイト、および(株)ベクターの運営する“プロレジ”で開始するほか、順次他のサイトでも販売する予定という。無料試用版は同社サイトより配布する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン