このページの本文へ

ディーオン、液晶ディスプレー関連製品の新ブランド“Candela”を発表――強化ガラスの液晶保護パネルを発売

2003年08月21日 17時18分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ディーオンは21日、液晶ディスプレーのブランド“Dinner(ディナー)”に加え、液晶ディスプレー/液晶ディスプレー用周辺機器/液晶マルチメディアディスプレー(液晶TV)の高付加価値モデルの新ブランドとして“Candera(カンデラ)”を発表した。

ブランドロゴ
新ブランド“Candera”

新ブランドの第1弾となるのは、強化ガラスをベースに低反射コーティング(ARコーティング)を両面に施し、液晶パネルを保護する保護パネル“特殊液晶ガラス保護パネル”2製品の販売を同日付けで開始する。ラインアップは15インチの『CDF-TG150』と17インチの『CDF-TG170』。ともに表面硬度は9H。光線透過率は98%以上で、外光反射率は0.4%以下。液晶パネルには丸型シールを利用して4点で固定するという。価格は15インチが4980円、17インチが6980円。

保護パネル“特殊液晶ガラス保護パネル”

同ブランドからは、液晶パネル保護ガラスのほか、大型液晶ディスプレーや20インチ以上のパネルサイズのTV機能付きマルチメディアディスプレー(20インチ以上)を年内に発売する予定。なお、“Dinner”ブランドについてはボリュームゾーンとなる15インチ/17インチの低価格製品に使用するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン