このページの本文へ

米グレースノート、音楽CDタイトルデータベース“CDDB”が200万アルバムを超えたと発表――楽曲数は2600万以上

2003年08月12日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

グレースノート(株)は11日、米グレースノート(Gracenote)社の“CDDB音楽認識サービス”(CDDB Music Recognition Service)で認識できる音楽CDのデータが200万情報を超え、楽曲数で2600万以上となったことを発表した。

CDDBは、195ヵ国以上の国のユーザーが、対応メディアプレーヤーに登録した楽曲情報を基に、同社が管理運営する音楽CDタイトルのデータベース。対応したメディアプレーヤーやデジタルAV家電なら、インターネットを利用してそれらの情報を取得できるのが特徴。

日本法人が今年の5月に設立され、日本語データの質の向上を図っているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン