このページの本文へ

アイ・オー・データ、ハードウェアMPEG-2エンコーダー搭載のUSB2.0対応外付けTVキャプチャーユニット『GV-MVP/RZ』を発表

2003年08月20日 19時26分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
GV-MVP/RZ
『GV-MVP/RZ』

(株)アイ・オー・データ機器は18日、USB2.0/1.1に対応したハードウェアMPEG-2搭載テレビキャプチャーユニット『GV-MVP/RZ』を発表した。同製品は“GV-TV”シリーズの100万台突破記念モデルとして9月上旬からの出荷を予定しており、予想実売価格は2万4800円。

GV-MVP/RZの外観は以前発売された『GV-M2TV/USB2』とそっくりで、前面にコンポジット(オーディオL/R、ビデオ)、SーVIDEO端子を装備し、背面にUSB 2.0コネクター、TVアンテナ端子を搭載する。テレビ出力機能やリモコンを搭載しないことで2万円台という低価格を実現したモデルとなっている。また、同製品は米コネクサント・システムズ社のMPEGエンコードチップ『CX23416』を採用しているのが特徴で、ノイズリダクション機能により2~4Mbpsといった低ビットレートでもザラツキ感をおさえた映像録画が可能という。また、NEC製のデジタルゴーストリデューサーチップ『μPD64031A』を採用し、電波障害などで生じる地上波放送の多重映りや輪郭障害を抑えているという。この他、静音性にも配慮し前バージョンで搭載していたファンを排除し、ファンレス構造に仕上げているとのことだ。ビットレートと解像度は2~15Mbps(720×480ドット)、1~7Mbps(352×480)となっている。サイズは 約36(W)×140(D)×170(H)mm、対応OSはWindows XP/2000Professional。

添付ソフトはオーサリングソフトとしてユーリードシステムズ(株)の『Ulead DVD-MovieWriter 2 SE for mAgicTV』を、ビデオ編集ソフトとして『Ulead VideoStudio 7 SE』を、静止画編集ソフトとして『Ulead PhotoImpact 8 SE』を標準添付。iモード/J-SKY/EZwebから予約録画が可能な『reserMail』、そしてTV予約録画、タイムシフト再生などが可能な同社オリジナルの『mAgic TV4.1』もついている。『mAgic TV4.1』はADAMS-EPG+、予約録画延長機能、映像も音声も出力せずに予約録画が可能なバックグラウンド録画、フルスクリーン状態でも番組タイトルなどの情報を表示可能なOSD(オンスクリーンディスプレー)にも対応している。対応機種は600MHz以上のNEC PC98-NXシリーズ、DOS/Vパソコン(その他の動作環境は製品情報ページを参照)



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン