このページの本文へ

TVBOX2

TVBOX2

2003年08月11日 15時10分更新

文● 伊藤 裕也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

TVBOX2

アイ・オー・データ機器

2万7800円

 アナログRGB入力端子を搭載するPC用のディスプレイにビデオ機器からの映像(NTSC映像)を表示させる機器を「アップスキャンコンバータ」と呼ぶ。アイ・オー・データ機器が発売した「TVBOX2」はアップスキャンコンバータにTVチューナを内蔵した製品である。簡単に言えば、PC用ディスプレイでのTV視聴に加えて、2系統のビデオセレクタとして使用できる。

 店頭では2万円台前半で販売されている。17型TFT液晶モニタ(5~6万円)と組み合わせても7~8万円である。17型液晶TV(15万円前後)を買うよりもお買い得で、かつPCの画面も表示できるのはかなり魅力的だ。

高品質映像を実現する
映像補正回路を搭載

TVBOX2
TVチューナーを内蔵し、CRT/液晶ディスプレイをTVチューナー付きに変身させる外付けボックス。アイ・オー・データ機器の「TVBOX2」。
PCのホームAVサーバ化計画
パソコンを仕事だけに使うのはもったいない!「PCのホームAVサーバ化計画」。写真をクリックすると当該記事に移動します。
液晶マルチメディアモニター Crisia LL-M17W1
液晶マルチメディアモニター「Crisia LL-M17W1/LL-M15X1」。

 同社の従来製品「TVBOX」に対してビデオ入力機能の拡張など大幅な機能強化が図られているが、その中でも最大のポイントはなんといってもTVやビデオ機器からの映像をより高品質にディスプレイに出力できる「映像補正機能」だろう。

 映像補正機能は、映像のちらつきや色のにじみを解消する「3D Y/C分離」に、映像に載ったゴミ(ノイズ)の除去に役立つ「3Dノイズリダクション」、ゴーストの軽減を図る「ゴーストリダクション」の3つ。これらの機能はそれぞれ独立して設定でき、すべての処理を同時に適用することも可能だ。特に3D Y/C分離はTV番組の視聴とコンポジットビデオから入力した映像の表示に効果が大きく、ゴーストリダクションは山間部はもちろん高層ビルの多い都市部でも重宝する。これらの映像補正機能の搭載は競合他社のアップスキャンコンバータ製品に対して、大きなアドバンテージといえる。



TVBOX2の接続例
図 TVBOX2の接続例。1台のPC用ディスプレイにPC1台と2つのAV機器を切り替えて表示できる。

 また、TVBOX2では液晶ディスプレイでの普及を強く意識し、液晶ディスプレイ用スケーラを搭載している。このスケーラがサポートするディスプレイ解像度はCRT用の720×480ドットに加え、液晶ディスプレイ用の「640×480」「1024×768」ドットの3種類。これにより、VGA/XGA固定の古い液晶ディスプレイでも滑らかな映像表示を期待できる。

コンポーネントビデオ入力に対応
豊富なビデオ入力端子

TVBOX2の背面端子写真1 TVBOX2のリヤ(背面)端子。左側にコンポーネント、S-VIDEO、コンポジット映像入力が並ぶが、それに対する音声入力は下方のRCAピン×2(1系統)のみ。

 さらにTVBOX2は、サポートするビデオ入力が豊富なのも特徴だ。フロントパネルにはコンポジットビデオ入力とオーディオ入力(RCA×2)を搭載。リアパネルには「S-VIDEO」「コンポジットビデオ」はもちろん、DVD-Videoプレーヤなどで用いられる「コンポーネントビデオ(RCA×3)端子まで並ぶ。ビデオはもとよりゲーム機やDVD-Videoプレーヤなど、幅広いビデオ機器の接続をより高品質でサポートしようという姿勢は評価したい。各ビデオ入力はフロントパネルにあるボタンを押すことにより順次切り替えられ、操作も簡単だ。

 ただしリヤのオーディオ入力はステレオ2ch(RCA×2)が1系統しかない。つまりリヤには映像入力が3系統あるにも関わらず、オーディオは1系統なので、事実上接続できるAV機器は1台だけとなる。3台つなぎたいならば、オーディオミキサーなどを別途用意して音声だけ切り替えるか、外部スピーカを用意してそれぞれの機器につなげなければならない。


 設定の変更などはオンスクリーンディスプレイから指定するスタイルを採用しており、その操作は付属のリモコンで行う。メニューは階層構造になっているので、操作でとまどうことは少ないだろう。

TVBOX2の主なスペック
製品名 TVBOX2
対応ディスプレイ アナログRGB入力ポートを搭載する水平走査周波数31kHz対応ディスプレイ
TVチューナ VHF(1~12ch)/UHF(13~62ch)/CATV(C13~C62)
ステレオ音声多重対応
映像入力 コンポーネント(RCA)×1/コンポジット(RCA)×2/S-VIDEO×1/アナログRGB(D-sub15ピン)×1
音声入力 ステレオ(RCA×2)×2/ステレオミニプラグ
映像出力 アナログRGB(D-sub15ピン)×1
付属品 スピーカ(ステレオミニ)×1/ヘッドホン(ステレオミニ)×1
内蔵スピーカ(モノラル)搭載
音声出力 リモコン、アナログRGBケーブル、オーディオケーブル
サイズ 100(W)×177(D)×220(H)mm
重量 約1.1kg
対応OS OSに依存せず利用可能

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン