このページの本文へ

紙に描けばリアルタイムでPCに取り込める「PC Notes Taker」が日本語版になって再登場!

2003年08月08日 21時58分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージ表 パッケージ裏

 紙に描いた絵や文字をリアルタイムでPCに取り込めるイスラエルPegasus Technologies社製のUSBデバイス「PC Notes Taker」。当時のものは英語輸入版だったがが、今回日本語版が新たにアキバに上陸した。国内販売元はユニバーサルシステムズ(株)。



本体。メモベースはクリップで挟まれているだけで受信部と分離が可能なのは同様専用のペン。超音波でスキャンする

 ソフトウェアが日本語化されたほかは製品本体を含め英語版と変わらず、超音波を発信するペンと受信機を組み合わせ、紙に描くペンの動きをスキャンしてPCに取り込む仕組みで、コクヨの「mimio」などとと同様の製品だ。Microsoft Word/Excel/Outlook等のアプリケーションに直接取り込むことが可能なほか、取り込んだ画像はJPEGフォーマットへの変換もできるようになっている。紙は市販の紙でよく、A4サイズまで対応。価格はぷらっとホームで1万7800円



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ