このページの本文へ

IIJ、企業向けオンラインストレージサービスを開始

2003年08月07日 16時51分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターネットイニシアティブは7日、企業向けオンラインストレージサービス“IIJドキュメントエクスチェンジサービス”を20日に開始すると発表した。

同サービスは、同社が運用するストレージサーバーのディスクエリア内に、ユーザーのファイルをアップロードすることで、特定多数のユーザーが外出先や自宅などから、ウェブブラウザーやまたはWebDAV経由でデータの共有を行なえるもの。ディスク容量は1GBで、アカウント数は50アカウント。

イメージ図
IIJドキュメントエクスチェンジサービス

独自ドメイン名によるサーバーへのアクセスをサポートしており、SSLによる通信の暗号化が可能。また、読み取りや書き込みの権限を特定ユーザーのみに制限できる“アクセスコントロール機能”や、メンバー以外に一時的にファイルを公開できる“ワンタイムURL機能”などを備えている。

利用料金は、初期費用が4万円、50アカウントで1GB利用する場合の月額料金が2万円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン