このページの本文へ

ソニーマーケティング、ラウンドフォルムデザインの光学式ワイヤレスマウスを発売

2003年08月06日 16時19分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーマーケティング(株)は6日、ラウンドフォルムデザインを採用した光学式ワイヤレスマウス『SMU-WR1』を9月21日に発売すると発表した。価格はオープンプライス。

マウス1
光学式ワイヤレスマウス『SMU-WR1』

同製品は、ラウンドフォルムを採用したことでインテリア性を備えながら省スペースも実現したというデジタルRF方式の光学式ワイヤレスマウス。本体サイズは約φ64×54mm、重量は85gとなっている。分解能は1インチ当たり800カウントで、ボタンは2ボタン式(ホイール付き)。ワイヤレスの使用範囲は受信ユニットより約1m。

マウス2
『SMU-WR1』

電源は単4アルカリ電池×2本で、持続時間は約1.5ヵ月。マウスを使用しない時は、本体を受信ユニットに置くだけで自動的に“ダイレクトパワーセーブモード”に切り替わり、CPU動作のみスタンバイ状態となって電池の消耗を最小限に抑えることが可能。また、電池の交換時期には受信ユニットのLEDを赤色に点灯して知らせるという。

インターフェースはUSBおよびPS/2。対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP、Mac OS 9.1以降。本体カラーは、“メタリックバイオレット”“パールホワイト”“シルバー”“メタリックレッド”“メタリックブルー”“ブラック”の6種類が用意される。

カラーバリエーション
『SMU-WR1』のカラーバリエーション

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン