このページの本文へ

【第5回 データストレージEXPO Vol.15】オウルテック、新静音電源やHDDケースを展示

2003年07月11日 21時55分更新

文● 編集部 小板謙次

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)オウルテックは台湾Seasonic Electoronics社の電源として、近日発売になる“Super Silencer”とSuper Tornado”の展示を行なっていた。“Super Silencer”はその名の通り静音をウリにするAthlon XP、Pentium 4対応ATX電源で、力率改善回路“アクティブPFC(PowerFactorCorrection)”や電源内部の温度と電源にかかる負荷に応じてファンの回転数を変更するという“S2FC(Smart & Silent Fan Control)”といった従来のSeasonic電源の機能を受け継ぎながら、発熱や消費電力を抑えているのが特徴のとのこと。また、各ケーブルをチューブでまとめることでエアフローやメンテナンス性を高める配慮がされている。ファンモーターの振動ノイズを抑えるためにクーラーはスプリングつきのネジで固定しているのも特徴だ。ラインナップは『SS-300AGX』(300W)、『SS-350AGX』(350W)、『SS-400AGX』(400W)、『SS-460AGX』(460W)の4種類。一方、“Super Tornado”は12cm角ファンを採用して“Super Silencer”の倍のエアフォローを確保するとともに、通気口にも六角穴を無駄なく開けることによって効率のよいエアフローに配慮している。こちらのラインナップは『SS-300FB』(300W)となっている。



また、5000Gの衝撃に耐えることをうたう“ハード・テープ”を展示。これは2.5インチハードディスクドライブを特殊な容器に収納し、それをインターフェース搭載のケースに収納するというもの。インターフェースはIDEほかIEEE1394/USB 2.0/PCMCIAに対応する。同製品も近日販売開始を予定しているが、HDDをすでに搭載済みした状態で販売される予定だ。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン