このページの本文へ

ソニー、ノートパソコン『バイオノートFR』を無償修理――モデムまわりの不具合で

2003年07月10日 16時43分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)とソニーマーケティング(株)は10日、ノートパソコンの夏モデル『バイオノートFR』の無償修理を実施すると発表した。これは、『PCG-FR77E/B』『PCG-FR55E/B』『PCG-FR55E』の一部の製品で、不具合が発生する可能性があるため。該当する製品の製造番号(シリアル番号)はホームページで確認できる。専用対応窓口は“VAIOカスタマーリンク「バイオノートFR」シリーズ対応窓口”(FREE.0120-86-1980)で、平日は午前10時から午後8時まで、土日祝日は午前10時から午後5時まで。

『PCG-FR77E/B』
『PCG-FR77E/B』

発生する可能性のある症状は、“ACアダプターで使用している場合に内蔵モデムの通信速度が極端に遅い”(バッテリー使用時には発生しない)、“ACアダプター/バッテリーで使用している場合に電話回線からの呼び出し音の信号が発生した場合に電気的ショックを感じる”というもの。後者については、“本体の内蔵モデムに電話回線が接続されている”、“外部からモデムに着信が入り呼び出されている”、“製品の金属部分(背面にある外部ディスプレー端子など)に身体の一部が触れている”の3つの状態が重なった場合に発生する可能性があるという。

修理は、配送費用も無料で、製品を預かってから5日前後で返却するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン