このページの本文へ

BMCソフトウェア、Oracle対応のバックアップソフト『SQL-BackTrack for Oracle 4.0.00』を発表

2003年07月08日 21時24分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

BMCソフトウェア(株)は8日、Oracleデータベースのバックアップとリカバリーを行なうソフト『SQL-BackTrack for Oracle(エスキューエルバックトラック・フォー・オラクル) 4.0.00』を発表した。ライセンス価格は114万6000円から。

同製品は、データベースの障害原因を短時間で特定し、自動的にリカバリーしてオンライン状態に復帰させるもので、今回のバージョンにより、コールドバックアップ(データベースを一時停止させて、バックアップを行なう方法)のために必要なデータベース停止時間を著しく短縮する“Enterprise Snapshot(ESS)”機能が付加された。

『SQL-BackTrack for Oracle 4.0.00』は、バックアップとリカバリーに関するデータベース管理作業を簡略化、自動化し、製品を利用するための前提知識はほとんど不要という。リカバリー作業時において、ガイドつきのリカバリーにより人為的エラーの発生を防止し、対話型インターフェースを採用してリカバリー時間を短縮している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン