このページの本文へ

これだけ読めば大丈夫 ~ 今週のニュースランキング(7月6日号)日本オラクルが技術者認定制度“ORACLE MASTER”の体系を変更

2003年07月06日 00時00分更新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

先週は“NetWorld+Interop 2003”が幕張メッセで開催された。ランキングにも『【NetWorld+Interop 2003 Tokyo Vol.5】“ムーアの法則には誰も逆らえないのです”──米インテルのマイク・リッチ氏が基調講演』『【NetWorld+Interop 2003 Tokyo Vol.9】新日本プロレスの現場監督、“黒いカリスマ”蝶野正洋選手が入場!!――ネオジャパンブースにて』といった記事が登場してきている。蝶野選手は今年からdesknet'sのイメージキャラクターに抜擢され、このようなイベント会場のデモンストレーションに登場するとのこと。その他にも、『特集・NetWorld+Interop 2003 Tokyoレポート』として、18本の記事を掲載中なので参照していただきたい。



さて今週の第1位は『日本オラクルが技術者認定制度“ORACLE MASTER”の体系を変更』との記事。認定資格制度はもともと日本で1994年から開始され、延べ9万4000人程度の資格取得者がいるという。今回の変更は、データベース関連の認定制度を米オラクルの“Oracle Certified Program”互換にし、エンジニアの国際的な競争力を高めること、また、実務のスキルを実態にあわせて評価することを目的に行なわれる。また、『日本IBM、再生パソコン“IBM Refreshed PC”の販売を開始』との記事も関心が高かったようだ。ノートパソコン“ThinkPad”や、デスクトップパソコン“Netvista”“ThinkCentre”“IntelliStation”、ディスプレーを含む使用済みパソコンを回収・再生し、IBM Refreshed PC(IBMリフレッシュPC)”として販売を開始するというものだ。


ランク 先週 掲載日 タイトル
1 - 06月30日 日本オラクルが技術者認定制度“ORACLE MASTER”の体系を変更
2 5 05月28日 ソニー、『プレイステーション2』とHDD/DVDレコーダーを併せ持つ『PSX』を発表――事業戦略説明会において
3 - 07月02日 日本IBM、再生パソコン“IBM Refreshed PC”の販売を開始
4 - 07月02日 インテル、L3キャッシュ6MBの新Itanium 2など6製品を発表!――2004年にはL3キャッシュ9MB版も登場予定
5 - 06月25日 日本IBM、中小企業向けにDB2のフル機能を低価格で提供
6 - 06月30日 SCN、“情報セキュリティマネジメントシステム”の認証を取得
7 - 07月03日 【NetWorld+Interop 2003 Tokyo Vol.5】“ムーアの法則には誰も逆らえないのです”──米インテルのマイク・リッチ氏が基調講演
8 - 06月27日 日立、IPv4/v6デュアルスタック対応アクセスサーバー『AG8100/8100S-B』にマルチキャスト機能を追加
9 - 06月27日 CSR、第3世代のBluetoothコントローラー“BlueCore3”を発表
10 - 07月04日 【NetWorld+Interop 2003 Tokyo Vol.9】新日本プロレスの現場監督、“黒いカリスマ”蝶野正洋選手が入場!!――ネオジャパンブースにて

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ