このページの本文へ

Zalman製水冷ヘッドが販売開始!ヒートパイプ式?HDDクーラーも

2003年07月04日 23時40分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ZM-WB1 Socket 754にも対応
「ZM-WB1」。代理店はアスクで、ブリスターパッケージに収められている

 ZalmanからCPU冷却用水冷ヘッド「ZM-WB1」が発売された。
 サンプル版から大きな変更はないが、同梱の取り付け金具はSocket 478/Aの他、Socket754(Opteron)にも対応している点は注目だ。また冷却液パイプのソケットは対応パイプ径の違う3種類が付属している。価格はOVERTOPで5905円、CUSTOMで6980円。



「ZM-2HC1」 ヒートパイプ10本
「ZM-2HC1」。ヒートパイプ式のHDDクーラー。5インチベイに収まるようになっている

 同時に、ヒートパイプ式のHDDクーラー「ZM-2HC1」も発売されている。5月末に発売された水冷クーラー「HD-WBK-01S-B」と似たスタイルで、HDDの両側面にバッファを取り付けその間を10本のヒートパイプで繋ぐというもの。しかし、ヒートパイプで吸収した熱を放出するためのヒートシンクらしき物は取り付けられてはおらず、効果のほどは不明。価格はOVERTOPで4480円、CUSTOMで4980円。ちなみにいずれの製品もコムサテライト3号店が明日からの販売を予定している。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ