このページの本文へ

サン、『SAP R/3』のSolaris環境への移行テストサービス“SunPS SAP R/3 テスト・マイグレーション・プログラム”を無償提供

2003年07月03日 16時49分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サン・マイクロシステムズ(株)は3日、SAPジャパン(株)のERP(Enterprise Resource Planning)ソフト『SAP R/3』をSolarisをベースとしたサーバー環境へ移行するためのテストを行なうサービス“SunPS SAP R/3 テスト・マイグレーション・プログラム”の提供を同日付けで開始すると発表した。他社製OSを搭載したUNIXサーバーやパソコンサーバーが対象。12月31日まで無償で提供する。

同サービスでは、ユーザーの『SAP R/3』(3.1I/4.0B/4.5B/4.6B/4.6C)のシステム環境を、Solaris搭載サーバーとデータベースを組み合わせたシステム環境へ移行するためのテストを実施し、稼働実証を行なう。SAPの導入や運用に必要な技術を持ち、マイグレーション認定資格を持ったコンサルタントがテスト作業を行なう。実際の移行作業の前にテストサービスを実施することで、実際の移行にかかる期間を短縮でき、コストとリスクも軽減できるという。

『Sun Fire V880』
『Sun Fire V880』

サービスにかかる期間は10日間程度。既存システム環境の聞き取り調査、サーバーやネットワーク構成、ファイルシステムのレイアウトなどの設計作業、『SAP R/3』やSolarisのインストールなどの構築作業、ユーザーの実データなどの移行作業、結果分析および報告、ユーザーによる移行後環境評価が含まれる。テスト期間限定で、64bitプロセッサー『UltraSPARC III』を4個搭載した『Solaris 9』が稼働する同社のサーバー『Sun Fire V880』を貸与する。

なお、マイグレーションプログラムは通常14日間で160万円の有償サービスとして提供しており、今回無償で提供することで、『SAP R/3』の最新バージョンへ移行する際に、同社のサーバーの採用を促進する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン