このページの本文へ

エーピーシー・ジャパン、電力容量500VAの家庭&個人ユーザー向けUPS『APC ES 500』を販売開始

2003年06月30日 18時09分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エーピーシー・ジャパンは30日、出力電力容量が500VA/300Wの家庭&個人ユーザー向けUPS(Uninterruptible Power System/無停電電源装置)『APC ES 500』の販売を7月14日に開始すると発表した。価格は1万8900円。2年間の無償保証サービスが付属する。

製品画像
『APC ES 500』

『APC ES 500』は、停電などの電源障害発生時にバッテリーから電力を供給する無停電電源装置。雷によるサージ(過電圧)や、電圧の低下などからコンピューターを守る機能も持つ。USB対応の電源管理ソフト『PowerChute Personal Edition』(対応OSは、Windows 98/Me/2000/XP、Mac OS X)がバンドルされており、同製品とパソコンをUSB接続すれば、電力状態の監視やOSの自動シャットダウンなどが設定できる。

入出力電圧はAC100Vで、出力電力容量は500VA/300W。バックアップ時間は400VA/260Wの場合、約5分。出力コンセントは6個(バッテリーバックアップ兼サージ保護コンセント×3、サージ保護のみコンセント×3)。本体サイズは幅277×奥行き83×高さ175mmで、重さは6.0kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン