このページの本文へ

商用Xサーバをバンドルした『X on Windows 2 X Server Edition』発売

2003年06月20日 23時02分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ホロンは、Cygwinベースのディストリビューションパッケージ『X on Windows 2』に商用Xサーバ『X-Win32』をバンドルした『X on Windows 2 X Server Edition』を発売した。

閉じている状態の『X on Windows 2 X Server Edition』パッケージ 開けた状態の『X on Windows 2 X Server Edition』パッケージ
『X on Windows 2 X Server Edition』パッケージ。パッケージ正面は扉のようになっており、マジックテープで留まっているマジックテープで留まっている部分をはずすと、この写真のようになる。

新たに収録された『X-Win32』は、米StarNet CommunicationsのXサーバソフト。rsh、rexec、XDMCPによる接続に対応している。『X on Windows 2 X Server Edition』に収録されているバージョンは、『X on Windows 2』の利用にあわせてあり、標準では接続先ホストとしてlocalhostが指定されている。UNIXホストへの接続設定ツールや、ヘルプファイルはすべて日本語化が行なわれているようだ。

UNIXホストへの接続設定ツール 日本語ヘルプ
UNIXホストへの接続設定ツール『X-Win32』の日本語ヘルプ。接続設定の方法など、すべて日本語化されている

『X on Windows 2 X Server Edition』のメーカー希望小売価格は1万4800円。20日より店頭販売を開始したぷらっとホーム(株)では、1万1800円で販売されている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

ピックアップ