このページの本文へ

ダブルクリック、複数のサイトに動画広告を一斉配信する“インターネットCM ネットワーク”を開始

2003年06月17日 18時32分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ダブルクリック(株)は17日、複数のウェブサイトの広告スペースにストリーミングを利用して動画広告を一斉配信するサービス“インターネットCM ネットワーク”を、(株)ジェイストリームと共同開発し、18日に開始すると発表した。

“インターネットCM ネットワーク”は、ストリーミング配信インフラにJストリームの“CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)”を使用。従来、ウェブサイト上での動画広告では再現が難しかったテレビCMを、複数の配信先サイト内にある240×180ピクセルの広告スペースにネットワーク配信することが可能になったという。

配信先サイトとしては、(株)朝日新聞社の“asahi.com”や(株)毎日新聞社の“Mainichi INTERACTIVE”、(株)日刊スポーツ新聞社の“nikkansports.com”といった国内大手新聞社のウェブサイトや、(株)エヌ・ティ・ティ エックスが運営するニュースサイト“HotWired Japan”が参加し、それぞれのサイト内の広告枠に15秒のテレビCMをネットワーク配信する。

第1弾として、18日より宝酒造(株)によるアルコール飲料“タカラcanチューハイ”『SUKISH(スキッシュ)』のCMを配信する。30日からは第2弾として、富士重工業(株)の乗用車“スバル”『NEWレガシィ』のCM配信を予定しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン