このページの本文へ

メルコ、USB 2.0対応フラッシュディスク『ClipDrive』など3製品を発売

2003年06月13日 17時24分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)メルコは12日、“BUFFALO”ブランドの新製品として、USB 2.0対応フラッシュディスク『ClipDrive』、東芝(株)製DVD-R/RWドライブ『SD-R5112』を採用した外付型USB 2.0対応DVD-R/RWドライブ『DVR-R42U2』、15.0インチTFTアナログ液晶ディスプレー『FTD-X501A』の3製品を発売すると発表した。

『ClipDrive』
『ClipDrive』

『ClipDrive』はUSB 2.0に対応したフラッシュメモリーで、従来製品(USB 1.1対応)に比べ、書込みが約3倍、読込みが約5倍に高速になったのが特徴。USBマスストレージクラスに対応し、ドライバーソフトをインストールせずに利用できる(Windows XP/2000/Me、Mac OS 9.0~9.2.2、Mac OS)。対応機種は、USBインターフェースを搭載したPC/AT互換機とMacintosh。対応OSは、Windows XP/Me/2000/98 SE/98、Mac OS 9.0~9.2.2、Mac OS X 10.1以降。本体サイズは幅70.6×奥行き16.6×高さ9.4mm、重量は約10g。長さ50cmの延長USBケーブルと、セキュリティーソフト『ClipDriveセキュリティ』などを含むユーティリティーCDが付属する。外したキャップを反対側に挿し込みホールドできる機構や、ストラップホールなども装備する。なお、容量が64MBの『RUF-C64M/U2』、128MBの『RUF-C128M/U2』、256MBの『RUF-C256M/U2』、512MBの『RUF-C512M/U2』の4タイプがラインナップされており、価格はそれぞれ3900円、6200円、1万1100円、2万1000円。出荷予定は6月中旬。

『DVR-R42U2』
『DVR-R42U2』

『DVR-R42U2』は、USB 2.0インターフェースを搭載した外付型DVD-R/RWドライブ。最大書き込み速度はDVD-Rが4倍速、CD-Rが16倍速、書き換え速度はDVD-RWが2倍速、CD-RWが10倍速、最大読み出し速度はDVD-ROMが12倍速、DVD-RAMが1倍速、CD-ROMは40倍速となる。電源は内蔵電源を利用し、設置方法は縦置き・横置きの両方に対応している。本体サイズは幅160×奥行き279×高さ55mm、重量は約1.8kg。付属するアプリケーションは、米アークソフト社のビデオ編集ソフト『ArcSoft ShowBiz』や、米ソニック・ソルーションズ社のDVDオーサリングソフト『MyDVD』、DVDプレーヤー『CinePlayer』、(株)ビー・エイチ・エーのライティングソフト『B's Recorder GOLD5 BASIC』、パケットライトソフト『B's CLiP5』など。独自の機能として『ArcSoft Showbiz』と『MyDVD』のソフトウェア間の連携を強化しており、オーサリングから編集へ、作成後のDVD-Videoからオーサリングへの再編集(編集-オーサリング-再生)が行なえるという。対応OSはWindows 98 SE/Me/XP/2000。価格は2万7500円。6月中旬に出荷予定。

『FTD-X501A』
『FTD-X501A』

『FTD-X501A』は、1677万色表示(24bitカラー)に対応した15.0インチTFTアナログ液晶ディスプレー。液晶パネルの輝度は250cd/m2、コントラスト比は平均400:1。画素ピッチは0.297mm、最大表示サイズは1024×768ドット(XGA)で垂直同期周波数は60Hzを推奨。視野角は上50度、下60度、左右150度。応答速度は25ミリ秒。インターフェースはアナログRGB(ミニD-Sub15ピン)×1。電源はAC100V~240Vで、消費電力は最大28W(省電力モード時2W以下)。本体サイズは幅340×奥行き185×高さ348mm、重量は3.6kg。チルトは上30度、下5度。価格は3万9800円で、6月中旬出荷予定。製品には3年間保証(パネルとバックライトは1年間保証)が付けられている。対応機種はPC/AT互換機、PC98-NX、PC-9821、Macintosh(市販の変換コネクターが必要)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン