このページの本文へ

KiSS DP-450

KiSS DP-450

2003年06月12日 00時00分更新

文● ARIOS&千春

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

KiSS DP-450

KiSS Technology/バーテックスリンク

オープンプライス
(イチオシドットコム価格:4万9800円)

『GOOD』
  • 世界初の家電DivXプレーヤという歴史的価値を評価。
  • 価格相応ではあるがプログレッシブ出力も可能。
『BAD』
  • 単体のDVDプレーヤが1.5万円なのを思うと割高。
  • DivX再生時に早送り・巻き戻し不可なのも厳しい。
KiSS DP-450
【基本操作は前面パネルで可能】 リモコンなしでも再生、停止、排出といった基本操作は可能。早送り、巻き戻しはDivXでは使用できない。
背面
【プログレッシブ表示に対応】 左から、アナログオーディオ出力、コンポジットビデオ出力、S-VIDEO出力、S/PDIF出力(同軸および光デジタル)、プログレッシブ表示に使用するSCART出力。

 KiSS Technology社の「KiSS DP-450」は、世界初のDivX対応DVDプレーヤだ。DivXの再生は、メディアを挿入するとファイルのフォーマットを識別して自動再生する仕組み。“DVD-Video”同様の手軽さで楽しめる。今回は、特に“再生互換性”に注力して評価を行った。なお、公式サポートされるCODECはDivX 4/5のみで、記録メディアは、CD-R/RW、DVD-R/RWの4種類となっている。

 再生テストの結果は、実に興味深い(表)。OggVorbisの再生が可能だったことは特に驚きだ。チップの仕様からすると当然なのだが、WMV、WMAは全滅である。なお、エンコード時の注意点だが、「Use GMC」および「Quarter Pixel」のオプションを使ったDivX-Videoは再生できない。



コンポーネント変換ケーブルが付属
【コンポーネント変換ケーブルが付属】 左はリモコン。右は、背面の見慣れないコネクター「SCART出力」をコンポーネント出力に変換するケーブル。いずれもパッケージに同梱される。

 メディアの互換性は、代理店によれば、“ライティングソフト次第”という。実際、筆者の環境では、DVD+RW/+Rや、閉じていないCD-Rといったサポート外のメディアも再生可能だった。ちなみに、日本語ファイル名は化けてしまうが、再生は可能だ。

 注目の画質は、TVで再生するメリットが十分に感じられた。DivXで圧縮した2時間の動画をCDに焼いて再生すると、CRTに比べてMPEG-4特有の画面の揺らぎやノイズ感が目に見えて減る。色彩もより自然だ。

ファイル選択メニュー
【ファイル選択はメニューから】 DivXの派生CODECで、徐々に需要が増えつつある『XviD』、そして米On2社の『VP3』の再生が可能なことが目を引く。また、MS MPEG-4については、映像の再生のみが可能だった。非公式とはいえ、興味深い結果である。

 ただし、家電製品として見ると、基本機能の作り込みの荒さがなんとも残念だ。家電であるからには、ユーザーはビデオデッキ並みの使い勝手を期待するはず。PCならもちろん問題なしの、DivX-Videoの早送り・巻き戻しができないというのは非常に残念だ。とはいえ、家電にDivXを進出させたという実績は高く評価できる。今後のブラッシュアップに期待したい製品だ。

驚きの実測再生テスト結果

対応結果公式サポートファイル情報
Video+AudioDivX4/5.0.2/5.0.3(映像)+MP3(音声)
XviD(映像)+MP3(音声)
VP3(映像)+MP3(音声)
REALmagic MPEG-4(映像)+MP3(音声)
MS MPEG-4 V1/V2/V3(映像)+MP3(音声)(※1)
DivX;-) Fast/Low-Motion(映像)+MP3(音声)(※2)
MPEG-1(映像)+MP2(音声)
MPEG-2(映像)+MP2(音声)
MPEG-2(映像)+AC3(音声)(※3)
×OGM形式/DivX 5(映像)+Ogg(音声)、およびXvid(映像)+Ogg(音声)
×MP4(QuickTimeにより作成)
×WMV
AudioMP3
OggVorbis
×WMA
×WAV
×AC3(※4)
×AAC
光メディアDVD-R、DVD-RW
DVD+R、DVD+RW
CD-R、CD-RW
※1 音声と結合すると再生不可

※2 音声と結合すると再生不可

※3 DVDのVOBファイルとして再生した場合

※4 単体での再生は不可

DivXの派生CODECで、徐々に需要が増えつつある「XviD」、そして米On2社の「VP3」の再生が可能なことが目を引く。また、MS MPEG-4については、映像の再生のみが可能だった。非公式とはいえ、興味深い結果である。
KiSS DP-450の主なスペック
製品名 KiSS DP-450
対応形式 DVD-Video、VideoCD、MPEG-1/2、DivX 4/5
対応映像出力 コンポジット、コンポーネント(480p、720p、1080i)
対応音声出力 アナログ2ch、デジタル5.1ch(S/PDIF)
搭載チップ SigmaDesigns EM8500

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン