このページの本文へ

日本エリートグループ、FSB400対応“SiS748”搭載マザーボードを発表

2003年06月10日 23時23分更新

文● 編集部 小板謙次

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
『748-A』
『748-A』

日本エリートグループ(ECS)は台湾SiS(Silicon Integrated Systems)社が先月発表したチップセット“SiS748”搭載のマザーボード『748-A』を、6月下旬から販売すると発表した。SiS748はAthlon XP用のチップセットでFSB400MHzに対応しているのが大きな特徴。PC3200(DDR400)をサポートする。また、組み合わせられるSouthBridgeはSiS963Lで、同社独自のデータ転送帯域幅1GB/秒となるMuTIOLプロトコルで結ばれる。

現在、FSB400MHz対応のAMD用チップセットとしては米エヌビディア社から“nForce 2 400”が発表され、すでに台湾ASUSTeK Computer社や台湾MSI社から対応マザーボードが登場しているが、SiS748搭載製品はまだ姿を表していない。『748-A』の主な仕様はATXフォームファクターで、スロットはPCI×5、AGP×1、DDR SDRAM×3(最大3GBまで搭載可能)。価格は現在のところ未定となっている。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン