このページの本文へ

“RADEON 9800Pro”“GeForce FX5800Ultra”水冷化キットが近々登場予定!!

2003年06月05日 23時15分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Hybrid R98」
“RADEON 9800”用の「Hybrid R98」

 最近、Mitron Interlink社製品など水冷式の冷却機構を備えたパーツの発売が目立つが、そんな中今度はビデオカード用の水冷キットともいうべき製品が近々登場予定となっている。販売を予定しているのはUSER'S SIDE本店で、現在「RADEON 9800Pro(128MB)」を使用したデモが行なわれている。なお実際の発売時には“GeForce FX5800/5800Ultra”用の「HybridFX58/U」も同時に発売される予定となっている。



カード裏面 デモが行なわれている
カード裏面、VGAチップと搭載メモリが両側からステンレス製の板で挟まれている「RADEON 9800Pro(128MB)」を使用したデモが行なわれている
接続部 水冷キットいろいろ
接続可能な水冷キットは「今まで発売されている製品ならほとんどは対応するだろう」ということ最近ラインナップも増えてきた水冷キット

 今回デモで使用されている製品は、“RADEON 9800”用の「Hybrid R98」。VGAチップと搭載メモリが両側から水冷ヘッドで挟むという仕組みで、水冷ヘッドはベースが銅製、シェルがステンレス製となっている。もともとは個人のユーザーが趣味で作った製品で、最初は水冷ヘッド部分は全銅製だったが、製品化するにあたりステンレスを併用して軽量化したとのことだ。
 新規に制作されているのは水冷ヘッドのみで、ポンプやタンク等は既存の水冷キットなどから流用することになるが、ショップによると現在発売されている水冷キットならばほとんどは対応するだろう、とのこと。



PCIスロットも使用可 厚み
隣接するPCIスロットも使用可能だ上から。ステンレス製の板は厚さが2mm厚(デモ版は3mm)になる

 水冷ヘッドが薄型になっているのも特徴で、銅製ベースは厚さ1.6mm、ステンレス製シェルは厚さ9mm。製品版ではシェル部の厚さが0.2mm削られ、ベースを含めた厚さは合計10.4mmになるという。試しに直下のPCIスロットにサウンドカードを挿てみたところ、まったくビデオカードと干渉することはなかった。水冷式クーラーといえば大型でスペースを取るという印象があるが、スロット消費が1つだけで済むのは嬉しいところだ。



オーバークロック!
通常の“RADEON 9800Pro”仕様であるコアクロック380MHz、メモリクロック340MHzを大きく上回るコア470MHz、メモリ391MHzで動作

 搭載されているファンやヒートシンクを自分で外して取り付けることになるが、当然ある程度の知識と技術が必要になるので、初心者は手を出さないほうが無難だろう。価格は約1万円程度になる予定で、発売は今月中を予定しているとのことだ。また発売時期は未定ながら“RADEON 9800Pro 256MB版”用の「HybridR98-256」や“RADEON 9700Pro/9600Pro”用も開発中のようだ。 ちなみにデモ機のマシンは通常の“RADEON 9800Pro”仕様であるコアクロック380MHz、メモリクロック340MHzを大きく上回るコア470MHz、メモリ391MHzで動作していた。興味のある人はUSER'S SIDE本店で聞いてみるとよいだろう。

【関連記事】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ