このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ファンレス“RADEON 9600”第2弾「ATLANTIS RADEON 9600」をはじめ“RADEON”シリーズ続々と発売中

2003年06月05日 22時18分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ATLANTIS RADEON 9600」
「ATLANTIS RADEON 9600」

 今週も“RADEON”シリーズの新製品が続々と登場している。本日発売されたのはSapphire製「ATLANTIS RADEON 9600」、Gigabyte製「GV-R96P128D」、ATI製「RADEON 9200」、Powercolor製「R92LP-CDT-A128D」の4製品。中でも注目はSapphire製「ATLANTIS RADEON 9600」だろう。



搭載メモリにHynix製DDR128MB パッケージ
搭載メモリにHynix製DDR128MB採用している基板はJoytech製と同じだ
付属品 バルク品
バルク品もまったく同じ付属品がつく今回リテールパッケージ品とバルク品が同時に登場している

 まず最初にSapphire製「ATLANTIS RADEON 9600」から紹介する。ファンレス“RADEON 9600”搭載製品ではJoytechに続き2製品目となるこの製品は、今回リテールパッケージ品とバルク品が同時に登場している。第1弾として発売されたJoytech製「DEVIL MONSTER 3 RADEON 9600」が、ファンレス仕様の“RADEON”シリーズ最上位モデルとなるため売れ行きが好調であることを考えるとこちらも人気を呼びそうだ。主な仕様は搭載メモリにHynix製DDR128MBでコネクタ部の形状はDVI、VGA、TV-outとなり付属品にはドライバCDのほかケーブル類がつく。今回同時に発売されているバルク品もまったく同じ付属品がつくので、お買い得感はこちらの方が高いかもしれない。販売しているのはOVERTOPでリテールパッケージ品が1万7980円、バルク品が1万6800円となっている。



前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ