このページの本文へ

ミラクル・リナックス、新役員人事を発表──新社長に佐藤武氏が就任

2003年06月02日 19時09分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ミラクル・リナックス(株)は、6月1日付けで新社長に前 日本オラクル(株) 常務執行役員 CEOオフィス室長の佐藤武氏が就任したと発表した。

これは5月14日に行なわれた、日本オラクルの戦略発表会ですでに明らかにされていたもので、前 ミラクル・リナックス 代表取締役社長の藤城薫氏は日本オラクル 営業統括 担当ディレクターに就任している。また、5月30日付けで、日本オラクル 取締役 専務執行役員の山元賢治氏がミラクル・リナックスの非常勤取締役に就任している。

新社長に就任した佐藤氏は、日本ユニバック、CSKなどを経て1994年に日本オラクルに入社、1998年にLinux&NT事業推進マネージャーに就任し、同社のLinux事業立ち上げに関わった経歴を持つ。5月14日の発表では「またLinuxビジネスの最前線に立ててうれしい」とコメントしている。

ミラクル・リナックスはこれまで、Linuxを企業システム向けに多く販売してきたが、今回の人事などを含め、今後日本オラクルとの連携を強化し、“Unbreakable Linux”を推進するとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ