このページの本文へ

エッジ、DVDをダビングするソフト『CloneDVD』を発売

2003年05月30日 20時16分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エッジ(株)は30日、DVDダビングソフト『CloneDVD(クローンディーブイディー)』を7月4日に発売すると発表した。価格は1万2800円。対応OSはWindows 98/Me/2000/XP。

『CloneDVD』は、DVD-Videoのバックアップを作成できるDVDダビング専用ソフト。新開発のトランスコーダーによる“トランスコーディング”機能を搭載しており、書き込み型DVDディスク(DVD-R/-RW/+R/+RW)で記録できる最大容量の4.7GBを越えるサイズのDVDを、記録可能なサイズへ変換しライティングできる。また、DVD-Videoをバックアップする方式としてトランスコーディング方式を採用、画質の劣化を最小限に抑えることが可能なほか、再エンコード方式と比較し最大10倍以上の高速化を実現するという。

そのほか、任意のタイトル/音声/字幕を選択してダビングする“DVDタイトル収録”機能、DVD-Video用ファイルを仮想DVDユーティリティー上で利用可能なISO標準イメージファイルに変換する“DVDイメージ作成”機能、DVDビデオ用ファイルを書き込み型DVDディスクへ書き込む“DVD書き込み”機能などを搭載する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン