このページの本文へ

ネットアドバンス、知識探索サイト“JapanKnowledge”で人名辞典コンテンツ“日本人名大辞典”を公開

2003年05月30日 17時16分更新

文● 編集部 桑本美鈴

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ネットアドバンスは30日、同社が運営する有料会員制の知識探索サイト“JapanKnowledge”において、人名辞典コンテンツ“日本人名大辞典”を公開したと発表した。

“日本人名大辞典”は、講談社の人名辞典『日本人名大辞典』を搭載した人名辞典コンテンツで、約6万5000人の人名を収録。記/紀神話の時代から現代に至るまで、政治/宗教/経済/産業/科学/社会/教育/芸術/スポーツなどのあらゆる分野で活躍した人々、さらに日本の文化/技術の向上に貢献した外国人、昔話や小説/演劇/アニメの主人公などの架空人物なども収録している。

書籍版のデータが検索可能になっただけでなく、人間国宝の新認定などによる新項目の追加、死亡/転属/受賞などによる既存項目の更新といった定期的な内容更新も行なわれ、常に最新の情報を検索/閲覧できるようになっているという。また、検索時には姓名だけでなく、姓のみ、名のみ、読みのみといったキーワード入力が可能。例えば、“らいちょう”と入力/検索するだけで、“平塚らいてう”の項目を参照できるという。さらに、“JapanKnowledge”の知識データベース(百科事典、国語辞典、英和/和英辞典、現代用語辞典、デジタル辞典、ニュースや論説、書誌データなど)との横串検索“OneLook検索”も可能となっている。

“JapanKnowledge”の利用料金は、入会金が2000円、月会費が1500円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン