このページの本文へ

FSB533対応の“i865P”搭載Albatron製マザー「PX865P PRO」が販売開始

2003年05月22日 23時07分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「PX-865P PRO」
「PX-865P PRO」

 FSB800対応を謳う“i865”シリーズだが、唯一FSB533までしか対応しない新チップ“i865P(ICH5)”を搭載したマザーAlbatron「PX865P PRO」が登場した。先週大量に発売された“i865”だが、これで全てのチップ(i865PE/P/G)が出揃ったことになる。



FSB900MHz 3com製のイーサネット
FSB900MHzなどと書かれたシールが貼られている3com製の10/100Baseイーサネット

 Intelのサイトによると“i865P”はFSB533/400に対応、メモリはDDR333(PC2700)のデュアルチャネルに対応するとうたわれている。ただし今回発売された「PX865P PRO」は、先に発売された“i865PE”の2製品がパッケージに“FSB1.2GHz”などと謳っていたのと同様に“FSB900MHz”などと書かれたシールが貼られ、オーバークロック設定をアピールしている。また同社サイトにもFSB800時にはDDR400で動作するという記述も見られる。もちろんFSB800やDDR400の動作については保証はない。
 主な仕様は拡張スロットがAGP×1、PCI×5、DIMM×4という構成でほかに3com製チップによる10/100Baseイーサネット機能、6ch対応サウンド機能が搭載される。
 価格はTSUKUMOeX.で1万3499円となっており、同社製“i865PE”製品「PX865PE PRO」より500円低価格。秋葉原の各ショップでは“i865PE”でもFSB533に対応し、かつデュアルチャンネルDDR400もサポートするために“i865P”搭載製品を故意に入荷しなかったところも多いようだ。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ