このページの本文へ

プレクスター、DVD+VRに対応した外付け型DVD+R/RWドライブ『PX-504UF』など2製品を発売

2003年05月20日 23時45分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プレクスター(株)は20日、DVD+VRに対応した外付け型のDVD+R/RWドライブ『PLEXTOR PX-504UF』6月下旬に、内蔵型のCD-R/RWドライブ『PLEXWRITER 52/24/52A』を6月上旬に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は、『PLEXTOR PX-504UF』が3万円前後、『PLEXWRITER 52/24/52A』が1万3000円前後。

『PLEXTOR PX-504UF』
『PLEXTOR PX-504UF』

『PLEXTOR PX-504UF』(PX-504UF/JP)は、USB 2.0のほか同社として初めてIEEE1394インターフェースを搭載し、DVD+VRに対応したDVD+R/RWドライブ。DVD+R書き込みが4倍速、DVD+RW書き換えが2.4倍速、CD-R書き込みが16倍速、CD-RW書き換えが10倍速で、DVD-ROM読み出しは12倍速、CD-ROM読み出しは40倍速となる。DVD-Videoの記録時の音声コーデックとしてDolby Digitalに対応し、付属のDVDオーサリングソフトで利用できる。バッファーメモリーは2MBを搭載する。電源はAC100V~240Vに対応。本体サイズは幅184×奥行き265×高さ52mm、重量は2kg。縦置き/横置きが可能で、専用スタンドが付属する。本体カラーはシルバーグレイ。対応機種は6GB以上のHDD空き容量を持つPC/AT互換機。対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP。アプリケーションとして、米インタービデオ社のDVDオーサリングソフト『WinDVD Creator Plus』、DVDプレーヤーソフト『WinDVD4』、イージーシステムズジャパン(株)のライティングソフト『Drag'n Drop CD+DVD』が付属する。

『PLEXWRITER 52/24/52A』
『PLEXWRITER 52/24/52A』

『PLEXWRITER 52/24/52A』(PX-W5224TA/NE)は、ATAPIインタフェースを採用した内蔵型のCD-R/RWドライブ。CAV書き込み方式による最大52倍速のCD-R書き込みに対応しており、CD-RW書き換えは24倍速、CD-ROM読み出しは52倍速。リアルタイムでCAV書き込みの調整/監視を行なう“PoweRec”機能を搭載するほか、自己診断機能も搭載する。バッファーメモリーは2MB。本体サイズは幅146×奥行き190×高さ41.3mm、重量は1kg。縦置きにも対応する。対応機種はHDD空き容量が1GB以上で、Pentium II-300MHz以上を搭載したPC/AT互換機。対応OSはWindows 98/98 SE/Me/2000/XP。アプリケーションとしてライティングソフト『neroExpress』、パケットライトソフト『InCD』、プレクスターオリジナルのユーティリティー『PlexTools』が付属する。『PlexTools』には、PowerRecやバッファーアンダーランエラー防止機能のオン/オフなどを設定できる『DriveSettings』、ドライブの詳細情報を表示する『Drive Information』、CDの書き込み/バックアップを行なう『CD-ROM Maker/Audio CD Maker/CD Copy』、音楽トラックをHDDに保存する『Digital Audio Extraction』などが含まれる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン