このページの本文へ

ソニー、“バイオノート”シリーズの夏モデルを発表

全機種に記録型DVDドライブを搭載するフラグシップ“バイオノートGR”

2003年05月14日 21時56分更新

文● 編集部 内田泰仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
“バイオノートGR”『PCG-GRT99/P』

A4サイズのマルチメディアノートパソコン“バイオノートGR”は、最上位から順に『PCG-GRT99/P』『PCG-GRT77/B』『PCG-GRT55/B』の3モデル構成。シリーズの位置付けは、「映像を楽しむ機能満載のフラグシップ」で、全モデルがハードウェアMPEG-2エンコーダーと3次元Y/C分離回路を持つテレビチューナー/MPEGキャプチャーボード『Giga Pocket Engine M』と、新開発の液晶パネル“クリアブラック液晶”、記録型DVDドライブ(『PCG-GRT99/P』『PCG-GRT77/B』はDVD±RWドライブ(※1)、『PCG-GRT55/B』はDVD-RWドライブ(※2))、テレビ関連アプリを操作する起動ボタンとチャンネルボタン(本体トラックパッド下)、専用マルチリモコンをそれぞれ装備する。

※1 DVD+R書き込みおよびDVD+RW書き換え2倍速、DVD-R書き込みおよびDVD-RW書き換え等倍速、CD-R書き込み16倍速、CD-RW書き換え8倍速、DVD±R/RW読み出し2倍速、DVD-ROM読み出し5倍速、CD-ROM読み出し24倍速

※2 DVD-R書き込みおよびDVD-RW書き換え等倍速、CD-R書き込み16倍速、CD-RW書き換え10倍速、DVD-R/RW読み出し4倍速、DVD-ROM読み出し8倍速、CD-ROM読み出し24倍速

各モデルのスペックは、『PCG-GRT99/P』が、CPUがPentium 4-2.80GHz、メモリーが512MB、HDDが80GB(Ultra ATA/100)、ビデオチップがNVIDIA GeForce FX Go5600(ビデオメモリー64MB)、液晶ディスプレーは16.1インチで1600×1200ドット/1677万色表示。『PCG-GRT77/B』は、CPUがPentium 4-2.66GHz、メモリーが512MB、HDDが60GB(Ultra ATA/100)、ビデオチップがNVIDIA GeForce4 420 Go(ビデオメモリー32MB)、液晶ディスプレーは16.1インチで1400×1050ドット/1677万色表示。『PCG-GRT55/B』は、CPUがモバイルCeleron-1.80GHz、メモリーが256MB、HDDが60GB(Ultra ATA/100)、ビデオチップがNVIDIA GeForce4 420 Go(ビデオメモリー32MB)、液晶ディスプレーは15インチで1024×768ドット/1677万色表示。このほかのハードウェアスペックは共通で、インターフェース類は、USB 2.0×3、i.LINK(IEEE 1394)×1、テレビアンテナ入力×1、S映像入力×1、AV入出力(映像+ステレオ音声)×各1、PCカードスロット(TypeII×1)、マジックゲートおよびメモリースティックPRO対応のメモリースティックスロット×1。通信機能は、10/100BASE-TXのLAN、V.92対応の56kbpsモデムを装備する。

本体サイズは、『PCG-GRT99/P』と『PCG-GRT77/B』が幅357×奥行き300.3×高さ47.4mm(最薄部44.8mm)、重量約4.1kg(バッテリーパック、DVD±RWドライブ装着時)、『PCG-GRT55/B』が幅327×奥行き271.6×高さ49.8mm(最薄部41.6mm)、重量約3.6kg(バッテリーパック、DVD-RWドライブ装着時)。バッテリーにはリチウムイオンバッテリーを使用し、バッテリー駆動時間は『PCG-GRT99/P』と『PCG-GRT77/B』が約1.5時間、『PCG-GRT55/B』が約2.5~3時間(いずれもソニーの独自基準による測定値、駆動時間は省電力モードの設定により異なる)。

OSは『PCG-GRT99/P』がWindows XP Professional(SP1)、『PCG-GRT77/B』と『PCG-GRT55/B』がWindows XP Home Edition(SP1)。『PCG-GRT99/P』には、映像編集関連のソフトとして、動画編集ソフト『Adobe Premiere 6 LE 日本語版』、Premiere用プラグイン『VAIO Edit Components Ver.3.0』、3DCG作成ツール『LightWave 3D express for VAIO』がプレインストールされる。また、全機種共通して、DV入出力/編集ソフト『DVgate Plus Ver.1.0』やDVD作成ソフト『Click to DVD Ver.1.2』、OpenMG対応の音楽ファイル管理/再生ソフト『SonicStage Ver.1.5』、強力なエフェクト/マスタリング機能を持った音楽録音/編集ソフト『SonicStage Mastering Studio Ver.1.0』、DVD-Video再生ソフト『WinDVD 4 for VAIO』などがプレインストールとなっている。なお、『PCG-GRT77/B』と『PCG-GRT55/B』には、『Microsoft Office XP Personal』も付属する。

価格はすべてオープンプライスで、編集部による予想実売価格は『PCG-GRT99/P』が35万円前後、『PCG-GRT77/B』が27万円前後、『PCG-GRT55/B』が22万円前後。出荷予定日はいずれも5月31日。ソニースタイルオリジナルモデルも販売され、こちらはGiga Pocketの有無、CPUクロック(Pentium 4-2.40~2.80GHz)や液晶ディスプレー、OS、付属ソフトの選択、メモリーやHDDの容量変更などが可能となっている。

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン