このページの本文へ

DOS/VパラダイスのオリジナルPC「Prime」シリーズに15インチTFT一体型が登場

2003年05月03日 00時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Prime Accrete」
15インチTFT液晶ディスプレイ一体型PC「Prime Accrete」

 DOS/Vパラダイスが取扱うショップブランドPC「Prime」シリーズに15インチTFT液晶ディスプレイ一体型「Prime Accrete」が登場した。そのスリムな形状とは裏腹に通常のデスクトップタイプ同様のSocket 478CPU、メモリ、3.5インチHDDを使用できるのが特徴だ。



かなりスリム CD-ROMとFDDを標準で搭載
スリムな形状とは裏腹に仕様パーツには通常のデスクトップタイプのパーツを使用しているスリムタイプのCD-ROM(24倍速)とおなじくスリムタイプのFDDを標準で搭載

 DOS/Vパラダイスによるとこの製品は元々ClevoというメーカーのPCベアボーンキット「L285S」にあたる製品との事で、同店ではCPU、メモリ、HDDなどの組み込み済みのPCのほかにそれらを搭載しないベアボーンキットとしての販売も行っている。液晶ディスプレイ一体型PCとしては各大手メーカーからいくつか発売されているが、デスクトップタイプのパーツが流用可能なベアボーンキットとしての販売はめずらしいだろう。



PCカードスロット 背面
TypeII×2、もしくはTypeIII×1に対応したPCカードスロットも装備液晶ディスプレイの背面にFSB 533MHz対応の“SiS M650+SiS962”搭載マザーがある
マザーボード HDDは台座の部分に収容
構造上、AGPやPCIスロットは搭載していないがオンボードインターフェイスは豊富HDDは液晶下の台座の部分に収容するようになっている

 マザーボードは液晶ディスプレイの背面に収まっており、チップセットはFSB 533MHz(Pentium 4-2.8GHzまで)対応の“SiS M650+SiS962”。スリムタイプのCD-ROM(24倍速)と同じくスリムタイプのFDDを標準で搭載している。メモリはPC2700(DDR333)まで対応しDIMMスロットは2本、最大メモリ容量は1GB。スペースの問題からAGP/PCIスロットは搭載していないがオンボードインターフェイスは豊富で、VGA、サウンド、10/100イーサネット、IEEE1394、USB2.0、モデムなどを装備している。さらにTypeII×2、もしくはTypeIII×1に対応したPCカードスロットも装備と機能的には十分といえるだろう。なおHDDは液晶下の台座の部分に収容するようになっている。



仕様など
完成済みのモデルも15インチTFT液晶ディスプレイがついたPCとしては安い部類に入るだろう

 PCベアボーンキットとしての販売価格は8万2800円となっているほか、Celeron-1.7GHz搭載でメモリPC2100 DDR128MB、HDD 20GBという構成にキーボード、マウスが付属して9万9800円と15インチTFT液晶ディスプレイ付きのPCとしては魅力的な価格のモデルも用意されている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ