このページの本文へ

Opteron対応マザーボード第一弾MSI「K8D Master-F」が発売するもすぐに完売

2003年04月26日 22時39分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パッケージ
「K8D Master-F」

 発表直後の今週24日に発売されたAMDのCPU「Opteron」対応マザーボードがはやくも秋葉原に登場した。発売されたのはMSI製「K8D Master-F」。今週に入り数店舗で実施されたOpteron搭載のデモ機にはすべてRIOWORKS製「HDAMA」が使用され、第一弾の発売はこちらが有力視されていただけにショップ側も少々驚いた様子だ。



パッケージシール 「K8D Master-F」
在庫は現在秋葉原のどのショップにもない状態「K8D Master-F」
主な仕様 対応メモリ
主なスペック対応メモリのリスト
デモ中 CPU在庫有り
K8D Master-Fを使用したショップブランドPCの販売とデモを行っているDOS/Vパラダイスでは本店、2号店ともにOpteron 240、Opteron 242の単品販売も行っている
Opteron 240×2で動作中

 発売されたとはいえ、K8D Master-Fの在庫は現在秋葉原のどのショップにもない状態。昨日入荷され今日の朝一番で売り切れたという。実際に購入したあるユーザーのなかには「マザーボード本体は手には入れ、安い方のOpteron 240を探している」という人もいた。今回CPU単品とマザーボード単品を同時に販売したショップはおそらくなく、またOpteron 242は1個で約9万5000円もするので購入予定のユーザーも困惑していたようだ。

 K8D Master-FはサイズがE-ATX、チップセットが“AMD-8131+AMD-8111”、拡張スロットが32bit PCI×2、PCI-X×3、PC2700ECCデュアルチャンネル対応DIMM×6(12GBまで搭載可能)という構成。オンボードインターフェイスにはATI RageXL(8MB)のVGA機能とBroadcom“BCM5704C”によるデュアルギガビットイーサネットとなっている。なお電源コネクタはEPS12Vタイプとなっている。販売していたのはぷらっとホームとUSER'S SIDEで8万4800円。

 また、DOS/Vパラダイス秋葉原2号店 Prime館ではK8D Master-Fを使用したショップブランドPCの販売とデモを行っている。価格はOS無しモデルで26万9800円(Opteron 240×2、ECC-Ragistered512MB、7200rpm 40GB、FDD、CD-ROM、460W電源)となっているほかOpteron 240、Opteron 242の単品販売も行っている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ