このページの本文へ

FSB800MHz版Pentium 4-3GHzが一部ショップで販売を再開

2003年04月24日 20時40分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Pentium 4-3GHz
販売が再開されたFSB800MHz版Pentium 4-3GHz

 先週14日の解禁直後に急きょ販売中止となっていたFSB800MHz版Pentium 4-3GHzだが、今日から一部ショップで販売を再開する動きが出ている。ただし現在Pentium 4-3GHzの在庫のあるショップは少なく販売を確認したのはBLESS秋葉原本店(5万4800円)とフェイス(5万4700円)となっている。

 販売店のひとつBLESS秋葉原本店によると「代理店に問い合わせたところ販売再開してもよい」との回答を得たということで、今日夕方から販売を再開した。秋葉原の多くのショップでは「FSB800MHz版Pentium 4に対応したチップセット“i875P”を搭載した各マザーボードメーカーが、CPU側の不具合を解消する対応BIOSを公開した時点で販売は再開する」と話している。しかし、すでに発売されているASUSTeK「P4C800 Deluxe」については、代理店側から「現状のBIOSで問題ない」とのコメントが各ショップに通達されるなど、未だ情報は錯綜している。もっとも14日の販売中止後に入荷になったCPUを回収するという動きが少なかったため、多くのショップでは非公式に販売を継続し現在は在庫はないという状況だ。各ショップの仕入れ担当者は「販売中止されているのでさらに注文を出すわけにもいかず、再開されてもすぐには売れません(笑)」ということだが、今回を機に入荷も再開されるだろう。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ