このページの本文へ

ロジテック、ポータブルタイプの2倍速書き換え対応DVD-R/RWドライブ2モデルを発売

2003年04月18日 23時58分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ロジテック(株)は18日、ポータブルタイプの外付け型DVD-R/RWドライブの新製品として、USB 2.0 High-Speedに対応した『LDR-P22U2』を5月上旬に、FireWire(IEEE1394)に対応した『LDR-P22F/M』を5月中旬に発売すると発表した。価格はともに4万4000円。

『LDR-P22U2』本体
『LDR-P22U2』

『LDR-P22U2』は、DVD-Rの2倍速書き込みとDVD-RWの2倍速書き換えに対応したDVD-R/RWドライブ。CD-R書き込みは16倍速、CD-RW書き換えは8倍で、読み出しはDVD-ROMが8倍速、DVD-R/RWが4倍速、CDが24倍速。ドライブユニットはパイオニア(株)製を搭載する。インターフェースはUSB 2.0 High-Speedに対応する。電源はAC100VでACアダプターを利用する。消費電力は10W。本体サイズは幅145×奥行き160×高さ24mm、重量は400g。対応機種はPC/AT互換機、PC98-NX。対応OSはWindows XP/Me/98 SE/2000 Professional。アプリケーションとして、(株)ビー・エイチ・エーのバックアップソフト『B's ラク~だ!バックアップ』、ライティングソフト『B's Recorder GOLD5 BASIC for Windows』、パケットライトソフト『B's CLiP5 for Windows』、米ソニック・ソルーションズ社のDVDビデオ作成ソフト『MyDVD 4』、DVDプレーヤーソフト『CinePlayer』、米アークソフト社のビデオ編集ソフト『ArcSoft ShowBiz』が付属する。

『LDR-P22F/M』
『LDR-P22F/M』

『LDR-P22F/M』は、書き込み速度などはLDR-P22U2と同じで、インターフェースにFireWire(IEEE1394)を採用したDVD-R/RWドライブ。電源はFireWireのバスパワーに対応しており、付属のACアダプターも利用できる。消費電力はFireWireポートの場合が7.2W、ACアダプター利用時が10W。本体サイズと重量もLDR-P22U2と同じ。対応機種はMacintosh。対応OSは、Mac OS X 10.1.5~10.2.5、Mac OS 9.1~9.2.2。アプリケーションとして、(株)アプリックスのMPEG-2エンコーディング/DVDオーサリングソフト『DVD Director』、ビー・エイチ・エーのDVDライティングソフト『B's Recorder GOLD X for Macintosh』が付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン