このページの本文へ

パーソナルメディア、超漢字4を搭載したノートパソコン『超漢字ノートR1』を発売

2003年04月15日 17時23分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

パーソナルメディア(株)は15日、BTRON3仕様OS『超漢字4』をプレインストールしたノートパソコン『超漢字ノートR1』を同日付けで発売すると発表した。価格は19万8000円。通信販売で限定販売する。

『超漢字ノートR1』
『超漢字ノートR1』

『超漢字ノートR1』は、日本/中国/韓国/台湾などで使われる漢字やハングル、諸外国の各種文字、記号など計17万字以上を搭載したOS『超漢字4』をプレインストールしたのが特徴。『超漢字4』には、ワープロや表計算ソフト、ウェブブラウザー、メールソフトなどのアプリケーション搭載するほか、難しい漢字を文字の要素などから検索できる“文字検索”機能や、新字体と旧字体や異形字を同一視して文書中から検索する“実身仮身検索”などのツールを標準で搭載する。本体は、超低電圧版モバイルインテル Pentium III-M-866MHz、830MGチップセット、128MBのメモリー(SDRAM)、20GBのHDD(Ultra ATA/100)、10.4インチ液晶ディスプレー(1024×768ドット/約1600万色表示)を搭載し、インターフェースは10/100BASE-TXを装備する。本体サイズは幅240×奥行き183×高さ37.2mm(最薄部23.5mm)、重量は約990g。Windows XP ProfessionalをHDDの別区画に搭載するデュアルブート仕様となっており、電源投入時にOSを選択して利用できるという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン