このページの本文へ

弥生、会計事務所&顧問先向けの『弥生会計 AE』と『弥生会計 CE』を発表――5月上旬からベータテストを開始

2003年04月14日 20時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

弥生(株)は14日会計事務所と顧問先向けのソリューションとして開発中の“MARCHプロジェクト”を構成する“MARCHソフトウェア”の2種類の正式名称を『弥生会計AE(Accountant Edition=会計事務所版)』と『弥生会計CE(Client Edition=クライアント版)』に決定したと発表した。5月上旬にベータテストも開始し、テスト終了後、正式版の提供を8月に開始する。価格は未定。

2002年6月28日に“MARCHソフトウェア”の開発を発表した際に表明していた会計事務所向けの税務ソフトの開発については、その機能の一部を会計ソフトと統合することにしたという。これにより『弥生会計 AE』に消費税申告作成機能を搭載する。その後、年末までに提供開始予定の次期リリースで、固定資産管理機能と勘定科目内訳書作成機能などを追加する予定。

『弥生会計 AE』と『弥生会計 CE』は、ウェブなどを利用する会計事務所向けサポートサービス“弥生PAP(ぱっぷ)”の会員向けに提供する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン