このページの本文へ

スポーツビービー、ブロードバンドコンテンツを提供─第1弾は“テニス・スポーツBB”

2003年04月14日 17時01分更新

文● 編集部 阿蘇直樹

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)スポーツビービーは14日、スポーツを楽しむ人を対象とするブロードバンドコンテンツ配信事業の第1弾として、“テニス・スポーツBB”を開始した。

“テニス・スポーツBB”
“テニス・スポーツBB”メニュー画面

スポーツビービーは、学校法人早稲田大学と(株)スクウェア・エニックスが共同で設立した、ブロードバンドコンテンツの制作、配信を行なう企業。テニス・スポーツBBは、テニスを楽しむ人を対象に、プロの試合の分析、テクニック、戦術、トレーニングに必要な情報を、動画コンテンツやゲームなどを利用して提供するというサービス。既存のスポーツ動画コンテンツと異なり、試合を観戦するだけでなく、実際にテニスをプレイする際に役立つ知識や技術の提供を中心としたコンテンツを用意している。テクニックや心理面からプロの試合を分析した動画コンテンツや、テクニックを習得するための動画コンテンツなどを用意しており、今後は戦術トレーニングゲームや、フィジカルトレーニングのための動画コンテンツなどを追加する。トレーニングや戦術などに関する知見は、早稲田大学総合研究機構トップパフォーマンス研究所やプロのテニスプレーヤー/解説者が提供し、動画や戦術シミュレーションゲームといったコンテンツはスクウェア・エニックスが提供する。スポーツビービーは今後、テニスだけでなく、さまざまなスポーツを対象に同様のサービスを開始する予定。

テニス・スポーツBBの利用環境は、OSにWindows 98 SE/Me/2000/XP、ウェブブラウザーにInternet Explorer 5.5以上、動画再生ソフトにWindows Media Player 9以上またはMacromedia Flash Player 6以上が必要となる。接続回線はADSLやCATV、FTTHなど、1.5Mbps以上の回線使用が推奨されている。広報担当者によると、「スポーツビービーのコンテンツはスポーツをしながら利用すると想定されるので、今後は携帯電話などのモバイル機器にも情報を配信することを検討している」という。

利用料金は30日間で1000円。支払いにはクレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、NICOSに対応)または電子マネー(WebMoney、@QUOに対応)を利用する。なお、4月中はキャンペーン期間として無料のユーザー登録のみでコンテンツを閲覧できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン