このページの本文へ

デルコンピュータ、Pentium M-1.60GHz/1.30GHz搭載A4ノート『Inspiron 500m』を発売

2003年04月10日 16時22分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デルコンピュータ(株)は10日、個人/SOHO向けノートパソコン“Inspiron(インスパイロン)”シリーズの新製品として、
Pentium M-1.60GHz/1.30GHzを搭載し、Centrionoモバイル・テクノロジに対応したA4ノート『Inspiron 500m』の販売を同日付けで開始すると発表した。購入/問い合わせ窓口は、TEL.044-556-6190または直販サイト“オンライン・ストア”。価格は14万9800円からで、B.T.O.(注文生産)に対応する。

『Inspiron 500m』
『Inspiron 500m』

『Inspiron 500m』は、Pentium M、グラフィックス機能を統合した855GMチップセット、インテル PRO/Wireless ネットワーク・コネクション 802.11bによるCentrinoモバイル・テクノロジを採用したのが特徴。メモリーは1GB(DDR SDRAM)、HDDは60GB(Ultra ATA/100)まで拡張できる。液晶ディスプレーのサイズは14.1インチで、解像度が1024×768ドットのXGAと、1400×1050ドットのSXGA+を選択可能。光ドライブはCD-ROM、CD-R/RW、DVD-ROM、DVD-ROM&CD-R/RWから選択できる。インターフェースは、USB 2.0×2、10/100BASE-TX、V.92対応56kbpsモデム、Sビデオ、赤外線通信などを装備する。拡張スロットはCardBus対応のPCカード(Type I/II×1)。電源はリチウムイオンバッテリー(4セル)で約2時間30分の駆動が可能。本体サイズは幅315×奥行259×高さ31mm、重量は2.46kg(標準バッテリー/CD-ROM搭載時)。本体カラーはマグネシウム合金のシルバーが基調で、キーボードのまわりには同社のコーポレートカラーのブルーを採用しており、カバーの開閉は片手で行なえるという。

価格は、Pentium M-1.30GHz、256MBメモリー、30GBのHDD、14.1インチXGA液晶ディスプレー、24倍速CD-ROMドライブ、OSがWindows XP Home Edition SP1で、3年間引き取り修理サービスと24時間テクニカル電話サポート(Eメールサポート付き)が付属する最小構成で、14万9800円。CPUをPentium M-1.60GHz、メモリーを512MB、HDDを60GB、14.1インチSXGA+(1400×1050ドット)液晶ディスプレー、8倍速DVD&10倍速CD-RWコンボドライブ(DVD読み出し8倍速/CD-R書き込み24倍速/CD-RW書き換え10倍速)に変更し、無線LAN機能を追加した標準構成では、26万2800円となる。

オプションで、本体カバーを5色(レッドオーク/スパイラル/バンブー/オーク/オーシャン)から選択できるカラーキットや、Bluetooth機能、リチウムイオンバッテリー(6セル/4時間駆動可能)などを用意する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン