このページの本文へ

これだけ読めば大丈夫 ~ 今週のニュースランキング(4月6日号)『社員犬“ウェンディ”が日本オラクルで入社式――ホームページも開設』

2003年04月06日 17時33分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

入社式の季節、すでに会社の顔とも言える日本オラクル(株)の社員犬“ウェンディ”も、ほかの新入社員とともに4月1日に入社したという。ホームページでの情報提供も同日付けで『日本オラクル、社員犬“ウェンディ”のホームページを開設』と開始された。待遇は重役並みとも言われており、景気低迷で新卒の採用を控える企業が多い中、なんともうらやましいかぎりだが、これだけマスコミに取り上げられ、同社が社員の“癒し”にも配慮していることまで全国的に知らしめた効果を考えれば、企業イメージの向上でへたな広告を打つよりはるかに効率的と言えるだろう。

1位と3位は先週からランクインしているブロードバンド回線の高速化に関連した『センティリアム、ADSLの下りを50Mbpsに高速化する“eXtremeDSLMAX”技術を発表――距離も7kmまで延長可能』と、『ジュピターテレコム、CATVインターネット“J-COM Broadband”で下り30Mbpsの試験サービスを開始』。ADSLなどの銅線を使ったサービスは、当面、エリア拡大と高速化が進むと思われるが、Bフレッツが着実に提供エリアを拡大しているほか、首都圏などではすでに光ファイバーを導入したマンションの建設も始まっており、今後急速に光サービスが普及しそうな予感がする。光ファイバー対応マンションではギガビット(Gigabit)化が容易という将来性に着目したい。

ブロードバンドインフラが確立すれば、次はサービスやコンテンツがついてくる。『ISP運営8社が“IP電話普及ISP連絡会”を発足――品質やサービスポリシーのガイドラインを作成』は、料金などの面が強調され、品質やポリシーがISPでまちまちであるIP電話サービスでガイドラインをまとめようというもの。これからはインフラ上のサービスの品質が今まで以上に重要になるということだ。『ヤフー、日本音楽著作権協会と基本契約を締結――音楽の無料配信で』では、難しい問題をはらんでいる音楽著作権で、関連団体と提携したことで注目したい。契約の詳細は明らかになっていないが、具体的なサービスがいつどのように開始されるか気になるところだろう。

4位の『クラムワークス、2.5インチHDD互換のLinux搭載フラッシュROMカード『Magic NC Plus for Notebook』を発売』は、ノートパソコンのHDDと換装してLinux端末にするROMカード。HDDのような可動部分を持たないため、静音化などの面でもメリットがある。また、ネットワークアプライアンス(専用機)と違って、もし必要ならWindowsノートなどに戻すこともできるのがユーザーにはありがたいのではないだろうか。

ASCII24 Business Centerランキング(2003年3月31日~4月4日)

 
ランク 先週 掲載日 タイトル
1 7 03月24日 センティリアム、ADSLの下りを50Mbpsに高速化する“eXtremeDSLMAX”技術を発表――距離も7kmまで延長可能
2 - 04月01日日本オラクル、社員犬“ウェンディ”のホームページを開設
3 10 03月24日 ジュピターテレコム、CATVインターネット“J-COM Broadband”で下り30Mbpsの試験サービスを開始
4 - 02月02日 クラムワークス、2.5インチHDD互換のLinux搭載フラッシュROMカード『Magic NC Plus for Notebook』を発売
5 3 03月26日 さくらや、“新宿パソコン”を発売――シャープ製15インチ液晶ディスプレー付きで9万4800円
6 - 03月31日 インテュイット、“弥生株式会社”に社名を変更
7 - 04月03日 ヤフー、日本音楽著作権協会と基本契約を締結――音楽の無料配信で
8 - 03月31日 日立、動画処理を強化したメディアプロセッサー“BroadGear”シリーズを発売
9 - 04月02日 ナナオ、17インチ液晶ディスプレー『FlexScan L557』と18.1インチの『EIZO FlexScan L695』を発売
10 - 03月31日 ISP運営8社が“IP電話普及ISP連絡会”を発足――品質やサービスポリシーのガイドラインを作成

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ