このページの本文へ

パワードコム、メディアコンバーターの月額料金を値下げ――2万円から5000円に

2003年04月01日 21時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)パワードコムは3月31日、ユーザー宅内に設置するメディアコンバーター(FCV)の料金を4月1日に値下げすると発表した。月額料金は5000円となる(従来は2万円)。

イメージ図
イメージ図

同社では、企業向けに広域Ethernet“Powered Ethernet”やインターネット接続サービス“Powered Internet”などのサービスを提供しており、今回、ユーザー宅内に設置するメディアコンバーター(FCV)の装置使用料を値下げすることで、月額料金の合計金額を引き下げ、企業での導入の拡大を図るもの。

対象となるサービスは、Powerd Ethernet、Powered Internetのほか、IP-VPNサービスの“Powered-IP MPLS”、Ethernet専用サービス“Powered Ethernet専用サービス”で回線を利用する場合。対象となる地域は全国。ただし、1Gbpsサービスや、すでに値下げを行なっているPowered Ethernetの中低速アクセスメニュー(1~5Mbps)は対象外となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン